Girls' Night In。 
 




年齢を重ねるごとに、家呑みが好きになってきました。
外呑みに関する煩わしいあれやこれや(大体、車を運転せずに呑みに行くこと自体が
無理なんだもん。)を考慮すると、どうしても家で時間もお財布も飲酒運転のアレコレも
気にせずに良い家呑みに。
気持ちがググッと傾いてしまうのです。

あと、私はおつまみとかアテでお酒は格段に美味しくなると信じている、
ちょっと面倒くさい人間です。
要はお酒単品を美味しく頂けないだけで、チーズ一片でもいいから欲しいのね。


久しぶりに会うお友達と、ワイン片手にガールズ・トークほぼ一晩中しました。
ワインのアテはチーズ、果物、サラダ。
私たち、ワインの隣にチーズと果物があれば幸せなんです。
チョコレートがあれば言うことなし。


この日のチーズはシャープ・チェダーと水牛のブリー。
ブリーはオーブンで焼いて中がトロトロになった所が食べごろ。
若い洋ナシをスライスしたものにつけて食べると大変美味しゅうございます。
他には定番果物のブドウとリンゴ。
リンゴはチェダーと一緒の食べると最高に美味しいです。

サラダにはブルーベリー・ビネガレットのドレッシングを。
これ、ジャムとお酢があれば簡単に出来ます。
マスタードが隠し味。ちょっと入れると、お酢よりも一味深みのある酸味が
ドレッシングに出ます。
冷凍庫にあったブルーベリーと、オーブンでローストしたチキンを添えて出来上がり。

チーズ、サラダ、果物、ピスタチオ。
何だかバランスが取れてないなぁ...と思わないでもないけれど。
でも、ワインのお供としては最高の仲間たちです。


腹筋が痙攣して涙が出るくらい笑ってしゃべり倒して、気づけば二人でワイン
3本空けてました。うわ。
寝る前に"二日酔い防止"の薬を二人で飲んだのだけど、ここで初めて気づいたの。
アメリカ人にとって"二日酔い防止薬"とは、アスピリンやタイレノルなどの痛み止め。
日本人だったら絶対胃薬だよね?
アメリカに来て12年目に知った衝撃の事実。
でも、タイレノルいい仕事してくれました。
It works。衝撃の事実。
 
Unknown 
 
さっちん:そうよねぇ。
日本みたいに公共の交通手段が充実してれば、また話は違うんだけど。

ももちゃん:オプラがそんなこと言ってたんだ。(←テレビのない家なんだよな。)
ほほぅ、頭痛防止としては確かに理に適ってるねぇ。
緑のはアルグラとかほうれん草のミックスしたヤツです。

のりぽりさん:家呑みが一番っ!
是非遊びにいらしてください。
ぐだぐだ家で呑みましょう。ふふ。
Unknown 
 
私は完全家呑み派♪♪
質実剛健堅実タイプの山羊座です(^ ^;)
忌まわしきhungover、鎮痛剤が効くとは知りませんでした!

オプラが言ってた 
 
アメリカの二日酔い防止薬ね~!
鎮痛剤なんですよね。
オプラが「家でパーティした後、ゲストの部屋の枕元にお水と痛み止めの薬をいつも置いておく」って言ってました。後でやってくる頭痛のために一足手前に鎮痛剤飲むってのも理に適ってますよね。
ブルーベリーとチキンのサラダ美味しそうですね。緑はレタスですか?
家飲み vs 外飲み 
 
私もすっかり家で飲むことが増えました!
第一の理由は、やっぱり運転だよね。
日本なら飲んでも電車で帰れるけど、アメリカの小都市では車は絶対だもん!
昨夜も、ダウンタウンにあるジャズバーに行きたかったんだけど、行っても誰かが飲めないし(運転のために)、バスは速くに運転しなくなってしまうし、ってことで家で飲みました~。
家で飲むのも楽しいけど、やっぱり外で飲める選択肢も欲しいな~。
家のみをもっと楽しむために、添える物に私も工夫してみようかな!すっごくおいしそう!!
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/97-559ae2f2