うま~。in Vancouver。 
 
友人と二人、ぶらっとバンクーバーへ行ってきました。

すごく久しぶりに牡蠣のロッカフェラ(生牡蠣の上にクリーミーなソースをかけて
オーブンで焼いたもの。ソースのおかげで牡蠣の生臭さが消えてすごく美味しく
頂ける)が食べたくなったので、地元のアイリッシュ・バーにいた可愛らしい
ウェイトレスに"どこかオイスター・バー知ってる?"と聞いてみました。
こういうのって、レストランとかで働いている人に聞くのが一番だものね。


彼女がお勧めしてくれたのはYaletownにある"Rodney's Oyster House"。




平日の夕方だってのに、バーもレストランも満席。
期待が高まるねぇ、と地場のビールを飲みながら待つこと20分。
ようやくバーのテーブルが一つ開いたのでそちらへ移動します。


一緒にいた友人は生牡蠣を食べたいというので、とりあえずそれを3つと
ムール貝のワイン蒸しをオーダー。

膨大な数のコンディメント(ホットソースとかタバスコね)と共に生牡蠣登場。

  

ソース類は見えにくいかもしれないけれど、これは自家製のもの4種類くらいと
タバスコも3種類あって、辛さもかなり幅広い。
牡蠣プレートの手前の白いのは、ホースラディッシュのすりおろし。
最初"なんでこんなところにパルメジャン・チーズあんの?"と思ったけれど、
いやいや、ワサビですから。笑

友人、"めっちゃ美味しい。食べてみ!"と"生牡蠣食べませんから"と言い張る
私に熱烈にオススメしてくるので、まぁ試してみるかと、ちっっっさい牡蠣を
食べてみたのです。
ホットソースかけて、レモンきゅーっと絞って、パセリ乗っけて。

そしたらね。
あまりの美味しさに驚愕してしまいました。

"えぇぇ!?生牡蠣食べれんの、私?"と。

七年毎に味覚が総入れ替えするという話は聞いたことがあったけれど、本当に
そうなのかもしれない。(だって最後に生牡蠣食べたの、もう10年以上前だし。)

生牡蠣が美味しいと発見したその後はムール貝のワイン蒸しのことなどは
すっかり頭から消えうせて、ひたすら牡蠣、一ダース半(二人で)食べちゃいました。
3つ目くらいからもう、ホットソースの存在すら忘れていたね。
美味しかったぁ。

Rodney'sのキッチンは半地下にあって、私たちが座っていたテーブルからこんな感じで見えます。



端にてんこ盛りなのはいわずと知れた、牡蠣の殻。
その下から見え隠れするサラダやディナーのお皿もとても美味しそう。
今度来たらここでディナーだな。ふっふっふ。  


Rodney'sだけでなく、バーやレストランやアパレル・ショップが細い路地に沢山
並んでいるYaletownは、ヒップでとても素敵なところでした。

 
Unknown 
 
めっこ:めっさ久しぶりやん~。お元気?
そ、車でフラッと行ける距離なんだよね。内灘から能登行くような感覚で。笑
9月遊びに来たら~?まってるZe。

のりぽりさん:BCの方です~☆
パスポート必須になってから初めての国境越えだったのだけど、GCホルダーにはなんら変化のないイミグレでした。
ま、以前はパスポートとかGC見せる事なく通過してたから(イミグレのおっさんたちは免許証しか見てなかった)、変化があるといえばあるんだけど。
あ、生牡蠣にあたるって話聞きますねぇ。
それでトラウマになるって分かる。
私はMexican Restaurantのフラン(プリン)がトラウマです。
Unknown 
 
バンクーバーって、ワシントン州の、でなくカナダの方?ですよね?国境越えた、ということですね?
牡蠣、私もだいっすきなんです。生ガキにレモン汁と...おおっ、たまりませんっ!!
しかし....実は何年か前大当たりして、以来トラウマに。美味しい、食べたい....でも、目の前の牡蠣をどうしても口に入れることができない、という悲しい人生です。
(話に水を差してしまって、ごめんなさい!)
Unknown 
 
久しぶりー

アヤコー、いいとこ行っとるじー

ふらっと行けるとこがまた素晴らしい(車?

9月にシルバーウィークがあるのに(5月の連休並みに休みがあるのね)、旅行の予定とかまったくなしやしな~

さびしい。今日も休みなのに一日どっこも出てないわ

またコーさんの成長ぶりも楽しみにしてるね。


Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/90-f479a7cc