回顧主義。 
 

ここ2年くらいで日本の音楽に触れる機会がググッと増えました。
Youtubeというありがたいツールのおかげです。
懐かしい&新しい日本の音楽とかテレビ番組を視聴するのはYoutubeに頼りっぱなし、
と言っても過言ではありません。

日本の音楽をよく聴くようになった理由を問われると、原因はやっぱり詩にあります。
アメリカに住んでいて当然のようにここの音楽を聴いていると、心の深いところまで
入り込んでくる詩って、日本語詩と比べるとやっぱし少ない。
言い回しで”なるほどね”とにんまりする事はあったとしても、琴線に触れるという
レベルでは英語詩だと難しいわけです。
私の英語理解能力が浅いだけなんだろーけどね。


でも、日本語って表現法がすごく豊かでいて懐が深くて美しくて、日本語詩の
ついた歌を改めて聴き始めて心を動かされた事は何度もあります。



最近気に入っているのは244 ENDLI-xさんの音楽。
FunkでSoulでRockでTechnoな楽曲たち、ご自身で作詞作曲なさるそうですが、
すごいね、これは。
彼の頭の中にはどんな引き出しがついてるんだろう、どんな音楽聴いて育って
きたんだろ、なんて思わされます。
詩は一貫して”愛”がテーマで、すごく真剣に真摯に向かいあっていらっしゃる。

自分のそういう姿を見せられる人って強い人だよな、と最近私は思います。
だってさ、そういうのって自分の心の柔らかい部分で、そういうのはなるべく
人目の付かない場所に隠し持ってるじゃないですか。
”オトナ”としてあるべき姿みたいなもので何とか取り繕っているっていうかね。
それをちゃんと白昼にさらけ出すことができる人ってのは、真っ直ぐで強いな、と。
それがCHERIさん(つーか、ENDLIさんつーか、どうお呼びすればよいものやら…)の
詩世界を覗いて感じたことです。
 
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/73-7471b597