こういう時に限って。 
 
久々にお料理の話です。


生クリームとハーフ&ハーフが結構あったので、金曜日にクリーム・パスタを作りました。
シーフードのクリーム・パスタなんだけど、今日はそれにベーコンもプラスした、
まったりクリーミーなパスタです。

例によって細かいレシピはないので、大まかな分量は以下の通りです。


材料(2人分。4人分は倍レシピでどうぞ。)
* フェタチーニ:1/3ポンド(150g程度)
* 生クリーム Or ハーフ&ハーフ:1/4クォート(250ml程度)
* エビ(今回は殻付きを使用):1/4ポンド(120g程度)
* ホタテ貝柱:1/4ポンド(120g程度)
* 鮭:1/4ポンド(120g程度)
* ベーコン:1~2枚
* 玉ねぎ:中1/2個
* マッシュルーム:4~5個
* ズッキーニ:小1個
* ブロッコリ:適宜
* あさつき:適宜
* 塩・コショウ:適宜
* 白ワイン Or 料理酒:適宜
* 出汁 Or お茶パック:1枚


作り方:
1.お鍋にたっぷりお湯を沸かします
2.お湯が沸く間、玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニをスライスします
あさつきは大きめの小口切りに
3.エビの殻をむいて、殻は出汁パック(お茶パックでも良いよ)に入れておきましょう
4.鮭も適当にカットして、エビとホタテと一緒にボールに入れ、白ワインか料理酒を
振りかけて臭み抜き
5.お湯が沸いたらお塩を入れ、フェタチーニを茹でます(気持ちアルデンテ)
茹で上がったらざるにあげておきます
6.フライパンにベーコンを入れ、カリカリになるまで炒めます
7.ベーコンがカリカリになったらペーパータオルに取り出し、パンに溜まった
オイルは小さじ1杯分を除いてペーパータオルで吸いとってしまいます
8.残りのオイルで玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニを炒め、塩コショウで
味を付けます
9.生クリームかハーフ&ハーフを入れ(今回、私は半々ずつ使用)、3で準備した
エビの殻入り出汁パックをここに投入します
10.クリームが沸騰してくる頃に4で臭み抜きをしていた魚介類のワイン(Or料理酒)を
捨て、ここに塩コショウをパッパと振っておきます
11.クリームが沸騰したら出汁パックを取り出し、魚介類を替わりに入れます
12.エビの表面の色が変わるくらいの段階で火を止め、茹で上がったパスタを
混ぜ合わせ、あさつきとカリカリのベーコンをさっと絡めて出来上がり


あの、出汁パックですけどね、これ、すっごい"使える"ブツです。
エビのお出汁がちゃんとソースに出るという利点以外に、ベーコンから出た
灰汁もちゃんと取ってくれるんだもの。賢いわ。
100均ばんざーい、な一品です。

パスタにはお好みでパルミジャーノやらクラッシュド・レッド・ペッパーやらを
振りかけてお召し上がりください。


ベーコンとシーフードの旨みがたーっぷり味わえる、濃ゆいけれども美味しい
パスタです。
カロリー高めなので、たまーにしか食指が動かんレシピではありますが、
我が家では夏よりも冬場に出番が高いです。
使いかけ生クリームの消費レシピでもあるので、その日によってクリーム
だったり牛乳だったりと、何でもあり感漂うテキトーなパスタ・ディッシュなので、
お好みでアレンジしてみてください。

今回、写真はありません。
というのも、私のデジカメがヨーロッパに旅行中でして。
(元連れ合いの出張に借り出されて行ったのです。)
こーいう時に限って、美味しいもの作れたりするんだよなぁ。
 
Unknown 
 
あら、それは奇遇ですね。
パスタ、簡単だしよく作ります。
いろんな人にそれを指摘されます。("あんたよぅパスタ作るなぁ"。)
時間の無いWeekdayのお夕食にはピッタリなんですよね。
子はディナーの待ち時間なんか全然考慮してくんないもん。笑
Unknown 
 
なんと偶然!うちも今日はパスタメニューでした。sea foodメインではないですが、クリーム系です。うちも残ったクリームの消費メニューなんです!(笑
冬の楽しみはもう食べる、しかないです(苦笑
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/69-eb48e07f