ピンキーの受難。 
 
この前の木曜日、シアトルは暴風に襲われた。
私はニュースをしっかり見ていなくて、"どれくらいの強風"
になるか全然把握していなかった馬鹿者であります。
 



その木曜日の朝、風が強く吹き始めていたのだけど、
前の週に無くした免許証を再発行してもらう為に免許センター
へ行ってきた。



車を降りてドアを閉めようとした途端に風がビュゥっと
吹いてきて、可哀相な右手の小指はドアに挟まれた。
車のドアに指を挟まれたのは初めての経験だったのだけど、
二度と起こって欲しくない位、痛かった。


思ったよりも沢山血も出てくるは、関節も腫れるは、

"折れたんじゃなかろうね?"と心配したけれども、まぁ大丈夫。



続くピンキーの受難は昨日。月曜日。
クリスマスはコーエンの写真を額縁に入れて彼の祖父母に
プレゼントする予定でいる私たち、先週末にフレームを購入
してきた。
フレームに写真を入れる前にガラスの表面をWindexで拭いて
いたら、左手小指を深く切る。



フレームに血が付かないように止血しようと試みるも、
なかなか止まらないのだ、これが。
今朝になったら何とか止まっていたけれども。


2週間くらい前、家の薬箱の中で絆創膏が切れていたから
補充したばかりなんだけど、まぁ、手元にあってよかった。



そうそう、その木曜日の強風の所為で我が家は日曜日の
夕方まで
三晩連続で停電しておりました。
毎晩、夫が暖炉に火を入れる役。(小慣れてるんだ、これが。)
私は息子を火に近づけないよう監視する役。

暖炉の前にベッドのマットレスを運んできて、キャンプ状態で
日曜まで過ごしたが、家の中がまだ灰臭い。
 
Unknown 
 
ちえちゃん:私も小さい頃は輪ゴムで遊んだ~!
あと、絆創膏をきつめに指に巻いたりして…(怪しい子供だわ)。
止血するには出血している場所を心臓より高く上げる!と聞いたこともあります。
今度試してみます。(もう出血して欲しくないけど。)
Unknown 
 
災難だったね~。
私はナイフで親指怪我したとき、「まずは止血!」と輪ゴムで根元をしばっちゃいました。
むかーしこうして遊んでた(縛ったままにしてると指が紫色になってくるの。危ないよね)のを思い出して応用してみたんだけど、ぴたっと流血が治まりました。
車のドアは・・・想像するだけで恐ろしい!
お大事にね~。
Unknown 
 
北P:Mixiから引っ越してきました。
まだひよっこなので使い方を研究中です。
あら、あなたもBlogやってるのね。
リンク送ってくださいな♪
冬の間は火を起こすのが日常茶飯事と言う環境で育った家の夫、慣れのようなものだそうです。

さっちん:今回の停電は暴風の所為でなの。
風速70マイルくらいの所もあったらしくて、木の枝がどんどん落ちてきて電線を直撃したり、木が倒れたりで西WA一帯で100万世帯以上が停電になったのよ。
まだ停電中の地域もあるみたい。
こんな短期間に両方の小指…って厄落としみたいなものなのかしら?笑

さこちゃん:ほんと、小指のくせにものすごぉく痛かったわ。
中指骨折…。痛そうだけどさ、うん、確かに怪しい。笑
"いや、ホントに折れてるんだってば!"って言い訳したりね。ふふふふ。

ちー:スプラッシュマウンテン!笑
でも笑い事じゃないよね、車の中に水って怖いよ~!
あら、お宅は停電しなかったのね。羨ましい。
そう言えば私の友達(Bothell在)もEverettの叔父さん宅へ避難したって言っていたわ。
そうなのよ、Duvallの方なんか、あと1週間くらいは復旧しないみたい。
クリスマスに電気ないなんて可哀想よね、と夫の同僚のおばちゃんが同情しておりました。
Unknown 
 
私、金曜日、BellevueからKirkland行くのに水の中を車で走りました。
しかも雨が車に入ってきたよ~!
(ちょっとだけDisneyのスプラッシュマウンテン状態でした。でも車が止まるかドキドキでした。)

うちは停電にならなかったよ。
でもIssaquahのほうは、今日もまだダメなんだってね。

小指、お大事に~!
Unknown 
 
え~!?大丈夫、小指!!!指ってさ、指のくさにいったいんだよね、末端に神経が集中してるから。私もミドルフィンガー骨折したときはいっちょまえに当て板(って言うの?)して包帯ぐるぐるだったからあやしかったわ(笑)お大事に~~~☆
Unknown 
 
だ~。あやちゃんも、災難続きだったのね。
両方とものピンキーを負傷するなんて・・・。
早く治りますようにっ
そして、また停電??
どうしたシアトル?
Unknown 
 
ブログやってらしたんですね!
実は自分もブログあります・・・・ってまだ1回しか書いてないw
しかし暴風で三晩連続で停電とは考えられん!割とそういうことはある地域なんですか??
しかし頼もしい旦那さまですね!見習いたい!
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/4-a90b1129