感謝祭。 
 
毎年の感謝祭は、夫の家族が全員我が家に集まる。
昔は感謝祭もクリスマスも我が家で祝っていたのだが、義妹が"感謝祭をそちらがするのなら、我が家はクリスマスのディナーを用意するよ"と申し出てくれて以来、感謝祭だけ、我が家で開催している。
これだと年に一度のことだし気も楽である。
まぁ誕生日だ、夏のバーベキューだ、と何かと家族が集まることが多い一家ではあるのだが。

今年は例年になく、予定を立てる時間が短かったように思う。
仕事を始めたばかりで月日の経過にそれほど気を配っていなかったのがその原因なのだけど、気付いたら"あ、感謝祭って来週じゃん?"という具合だった。
クオリティ高めのターキー(色んな成長剤とか使ってない大きすぎないターキー)を何とか入手した後に、スタフィングはどうするか、アペタイザーには何を用意するか考え出した。
Food Networkというグルメチャンネルのウェブサイトと一晩首っ引きになって美味しそうなスタフィングのレシピを見つけ、アペタイザーは手抜きで冷凍のものを二品、どうしても作りたい物も用意して感謝祭の週を迎えた。

毎年、朝から晩(それこそ、ディナーを食べ始める5時ごろまで)台所に立ちっぱなしの1日を過ごすのが私の感謝祭だったのだが、今年は趣向を少し変え、少しずつ用意できるものは用意してみることにした。
月曜日にはスタフィング用のワイルド・ライスを炊いて、アペタイザーの下準備として、デイツ(という名の干しぶどうの大きなヤツのような果物というか、ナッツというか、そういうモノ)の種を抜き、
火曜日にはパンプキン・パイ用のパイ生地を作って、クランベリー・ソースも2種類作り、
水曜日にはパンプキン・パイを焼いて
木曜日の朝を迎えた。

デイツは種を抜いた所にアーモンドを詰めて、それをさらにベーコンで巻き巻きしたものをオーブンで15分位焼くと、とても美味しいアペタイザーに変身する。
ベーコンの塩味とデイツの甘味、それにアーモンドのクランチーな食感がすごく新鮮。
"何、この組み合わせ?"と思う人もいるだろうが、是非一度試していただきたい。

さて、木曜日の朝はゆっくり目に朝ご飯を食べた後、アペタイザーを作って(上に挙げたのベーコン・ラップト・デイツ)オーブンで他2種のアペタイザーを温め、何種類かのチーズを切ってお皿に並べ、ワインを開けてのんびり過ごす。
お昼頃に連れ合いがターキーを焼き始め、私は2時過ぎにスタフィングを始め他のサイド・ディッシュを各種作り始める。

この頃には美味しくワインを頂きながら料理をしていたので、例年の感謝祭にないほどリラックスしていた。
連れ合いの家族の面々も順次集まってきて、5時半ごろには全員がテーブルに付き、皆でディナーを食べる。
大きすぎない健康的なターキーはとてもジューシーで美味しい。
サイド・ディッシュも作りすぎな感じは否めないが、少ないよりは余る方がまし、と常々思っている(だって連れ合いの家族って殆ど男性で皆よく食べるのだ)ので、それもまぁ良し、である。

コーちんは久しぶりに会う従兄弟や叔父さんたちに会って大興奮状態で、昼寝もせずに1日走り回って遊んでいた。
従兄弟たちとは追いかけっこして最後には"もう追いかけられたくないから、コーに走らないでって言ってよー"と甥に言われるほど走り回っていた。
夜10時頃になると一日の疲れがどっと出たのか、かーなーり不機嫌になり、抱っこしないとギャーギャー怒っていた。
寝る前にお風呂に入れようとしたら、その時もすごい勢いで怒ってひっくり返って泣いていたけれども(普段はあまりこんな暴れ方しないんだけどね)、湯船に浸かったら船を漕いでた。
よっぽど疲れたのだろう。
お風呂から上がるのもまた一苦労だったけれども(半分寝ながら怒って泣いて暴れる2歳児は、なかなか手強い)、パジャマを何とか着せて寝かせてみたら、ホントに一瞬で深~い眠りへと就いていた。
はやっ。

今年は写真を撮り損ねたけれども、まぁいいや。
コーちんがターキーよりも大きかったのは今年が初めてで、それもまた良い思い出になったかと思う。
 
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/33-df248ec0