突然ですが。 
 
先週の火曜日から働き始めました。

メキシコに行く1ヵ月半くらい前から就職活動をしていたのだけど、なかなか決まらないままメキシコに行ってしまった私。
仕事が決まりそうで決まらない!という状況が1ヶ月近くあり、不安になりかけていた頃、面接の連絡をもらったのがメキシコでレンタカーを運転している時だった。
シアトルに戻る2日前のこと、お昼頃に電話がリンリンと鳴ったから取ってみたら、それが面接へのご招待だったのだ。
"来週の月曜日、1時半に面接に来れますか?"
と問われた時にはカレンダーが頭の中にサッと浮かばなかったにも関わらず(バケーション呆けってヤツかしら?)、"大丈夫です"電球と即答していた。

シアトルに戻ってきてから何とかコーちんのシッターさんを確保し、翌月曜日の面接に臨んだ訳だが、3人の面接官(全て妙齢のオバサマ)はシリアス~な雰囲気で"この職場って私に向いてないんじゃないか?"との思いが頭をかすめる。
緊張したよなぁ、まったく。

その面接後2週間ほど何の音沙汰もないまま日は過ぎて、ある日お友達から"緊急の用事があるから電話して!"と留守電をもらった。
"どうしたのよ?"と電話をしてみると、彼女の友人の職場で人手が足りなくて大変なことになっていると言う。
友人は産休まであと1ヶ月を切る妊婦さん。
産休の間は契約社員を雇って仕事をカバーする予定だったのだけど、雇った契約さんがかなりの曲者ですぐにクビになってしまったらしい。
"私の代わりの人がいないと産休に入れない!仕事を探してるって前言っていたけれども、それは今も有効なの?"と私のお友達のところに電話がかかってきたのだ。

仕事内容を聞くと前職とかぶる所が結構あり、"これなら出来る内容だよねぇ"という話になる。
翌日、産休間近の本人から電話がかかってきて仕事内容をもっと詳しく聞く。

契約のポジションの為、専門のテンプ・エージェントを通しての雇用になるけれども、1年の契約期間が終了した後にはフルタイムとして直接雇用の可能性が高いので、ポジションとしては全然悪くない。
会社は超・巨大だから(世界中に6万人の従業員がいるそう)、部署間の移動もスムーズだし、とテンプの会社の連絡先をもらって電話を切る。

テンプ会社のエージェントからもその後すぐ電話がかかってきて、翌日の面接のセットアップをする。
また慌しくコーちんのシッターさんを探して、翌日2時間に渡る面接に備える為に準備。

翌日は緊張しながら面接に臨んだのだけど、面接は30分毎の物が3回、毎回違う人に会って話をするというものだった。
でもこれがくだけた感じで、全然面接っぽくなくて、普通にカジュアルな会話をしていた感じ。
せっかく準備万端(とまでは行かないけど)だったのにね…。むふっ
面接官の内一人は産休間近の彼女だったので、お互いを知っている私達の会話は面接と言うよりも"Catch up"そのもの。
"どう、赤ちゃんよく動いてる~?"とか"コーちんの誕生日パーティはどうだった?"とかそんな感じ。

その翌日、テンプ会社から電話がかかってきてオファーをいただいた。
"3人ともオファーを出したいって言ってきたよー"と、良いフィード・バックを頂いて良かったなぁ、やっと仕事決まったなぁ、と安心していたら、その2時間後にまた電話がなる。

2週間前に面接したままウンともスンとも言ってこなかった所から"ポジションをオファーしたいのですが"と電話がかかってきたのだ。
そう、"このシリアスな雰囲気に私は合ってるのか?"と自問自答したところから。

どーして2件のオファーが同じ日に来るんだろうね?
どうやって選べばいいんだぁぁぁぁ!げっそりとふかーく悩む私。

巨大企業(契約)を取るか、シリアスな職場を取るか、どうしようか。
全く違う業界と職種、どちらにもProとConがあるのだ。
シリアスな職場の方がお給料は良いし福利厚生もバッチリだけど、契約の方は1年後のオプションがかなりオープンで将来性がある。

うーん。うーん。

答えは翌日へと持ち越された…。
 
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/30-2842c98a