Memorial Day Weekend 
 
対日本比ですが、アメリカの祝日って、とても少ないです。
しかも、"メジャーな祝日”と"マイナーな祝日"の二種類があって、
メジャーなのは一年を通して6回(新年、戦没将兵追悼記念日、
独立記念日、勤労感謝の日、感謝祭)のみ。
"マイナーな祝日"もそれ程多くないのですが、この手の祝日を
カンペキに押さえているのは、教育機関、連邦及び地方政府機関、
それから銀行くらいです。
ちなみに私は地方公務員ですが、"マイナーな祝日"すべてがオフ
ではありません。
私の職場、何故かその辺の線引きが曖昧なんです。
何を以ってオンかオフなのか、分からん。
まぁ、一般の会社員の方と比べると享受している「祝日」の日数は
それでも何日か多いのですが。


そして今週末は「戦没将兵追悼記念日」の3連休です。
バケーション・シーズンのキックオフともされる連休でもあります。
周りはこぞってキャンパーやモーター・ホームを駆って
やれキャンプだの国立公園だの、遊んでらっしゃるこの週末、
私たちは静かにつつがなく、地元で過ごしています。
今日(土曜日)はちょいとお天気も不安定で寒かった割には
雨は降らずにいてくれたので、公園で遊んできました。

早めに切り上げて家に戻ってきた後は、コーと一緒に
カップケーキを焼きました。

5月下旬から6月上旬にかけて私の職場ではお誕生日を
迎える人が多くて(私もその一人なんだけど)、
その人たちへの「オメデトウ」を込めて、ミニ・ケーキを4ダース。

カップケーキ

私のレシピはこの手の小さいカップケーキが1ダースきっちり
作れるんです。
バターを練らなくていい、とっても使い勝手のいいレシピで、
アレンジも無限大。
今日はメープル・ベーコン、お抹茶、ドライ・チェリー&胡桃、チョコ
の4種を焼きました。
一番手前のがメープル・ベーコン。
そう、トッピングはカリカリに焼いたベーコンです。
"何、その組み合わせ?"と思ったそこのアナタ。
アメリカンな朝食(ブランチか?)ではよくある組み合わせなのです。
ベーコンやソーセージにもメープル風味が加わってるのも多いし。
パンケーキにたっぷりかけたメープル・シロップがベーコンに
染み込んで、甘じょっぱいのが絶妙なんだそうです。
あ、私はメープル・シロップもベーコンも滅多に摂らないので、
あくまでも周りの聞き込み調査の結果です。

5月初旬にベーコン・フリークな同僚のお誕生日があって、
そのときに初めてこのカップケーキ焼いたのですが、
彼女が大絶賛してくれたんですね。
それを耳にしたほかの同僚が「私も食べてみたい~」と相成って、
今回また、このメープル・ベーコンが登場しました。
ケーキとフロスティング、両方がメープル味です。

お抹茶のはフロスティングにクリーム・チーズが入っています。
デコするにはちょっとユルすぎるフロスティングだったので、
上にタラタラ~っと塗ってお抹茶ふっておしまい。

ドライ・チェリーと胡桃のは、シンプルなバター生地+バター・クリーム。
白&白じゃちょっと味気なくて色々足してしまいました。

チョコはこれまた、同僚リクエスト。
今回のチョコ・バタークリーム・フロスティングはチョコ加減が◎。
自分で言うのもなんだけど、このクリームは美味い~♪


3連休はまだ明日、明後日とが残っています。
お天気もよさそうなので、お弁当持ってどこかハイキングにでも
行こうかな、と考えています。
コーはもう「ぼく、お弁当はたまご焼きとおにぎりがいい~!」と。
ハイキングありきのお弁当、それともお弁当ありきのハイキング?笑
どーも、コーにとっては後者のようです。
 
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/142-01fbf462