七五三 
 
帰省中に七五三のお参りに行って来ました。
ちょっと時期は早いかもしれないけれど、
貸衣装もご祈祷も混んでないから、どうかしら?
と帰国前に母から打診されて、「是非!」と
お願いしたのです。

私は実家のお隣のお母さまに着物を着せていただいて、
羽織袴を借りるコーと写真スタジオに向かいます。

ところがコーはスタジオにいらっしゃるお姉さま方を
前にド緊張したらしく、恥ずかしがるわ暴れるわ、
「絶対着替えない!」とか可愛げのない事を
延々1時間ほど繰り返していました。
その間私は着物の帯が締まったままなので。しんど…。

コーが嫌がる原因がやっと判明した頃には
私の両親含めスタジオのお姉さま方もぐったりでした。
因みに嫌がった原因、何だと思います?
「しらないお姉さんたちの前でシャツ脱ぐの恥ずかしい」
何言ってんだか。オトメじゃあるまいし。

「てか、恥ずかしいんなら最初からそう言いなさいよっ。
こんなに時間かけて、なにやってんのっ」
と怒ってしまいましたわ。

羽織着たら着たで、コーはまんざらでもない様子。
お写真撮る時の小道具である短剣やらいろんなの振り回して
実に楽しそうでした。
自分の中のカッコいい「キメ顔」がやたら渋い変顔で、
突っ込みたい衝動を抑えるのに一苦労でした。


何とかお写真を撮り終え、やっとご祈祷に向かいます。
訪れた先は金沢市内にある尾山神社。
ステンドグラスの入った神門が有名な神社です。
(この神門、古くは灯台として使われていたそうです。)

七五三のご祈祷の間はコーはなかなかお利口でした。
きちんとお辞儀するべきところはお辞儀するし、
不思議そうな顔をしてはいましたが、黙ってお話も聞いていて。
神社出た後に「神さまってどこにいんの?」と訊いてたけど。

ご祈祷の後には(あの懐かしの!)七五三の袋をいただいて。
中には千歳あめとオモチャが沢山入っていました。
羽織脱ぐまでは千歳あめ食べちゃイケマセン、と言うと
「じゃあいつ脱げるの?」だと。
アナタの基準はそこなのね…。

本殿の前で何枚か写真を撮ってコーがダレてきたので、撤収。
早く着物脱ぎましょう、とばかりに家に戻ってきました。
その途中でコー、「ぼくコレずーっと着ていたい!」と、
千歳あめの時と相反した矛盾コメントを放り込んでくる。
着せるのにどんだけ苦労したか、周りの気持ちも考えずに
勝手なことばかり言って。まったく。



我が侭ばっかり勝手ばっかりな散々な5歳児ですが、
七五三を元気に迎えられて、それを一緒にお祝いしてくれる
じぃじとばぁばがいること、母はそれが本当に嬉しかったです。
やらないといけないことや直していかないといけないことは
沢山あるけれど、目の前にある幸せにちゃんと感謝しながら
生きていくことって大事だな、と改めて感じました。
今与えられている環境が当たり前なんて、思っちゃいけないって。

宮司の方が「今までの5年に感謝する。そしてこの先も、
子を立派に育てていくと神さまに誓いをたてる場でもあります」
と仰っていたのを心に留めて、これからも子育て頑張ります。

パパ、ママ、ありがとう。とっても素敵な記念になりました。

七五三

 
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/138-5eb520dc