惨敗記録、更新。 
 
30+年の人生にて、惨敗記録を更新中。

何にって、献血に。


10代の頃は日本にてヘモグロビン値の低さで断られ、20代を飛び越えて
30代の今日(こんにち)、アメリカで初献血しようと思ったら、体重で蹴られた。

ヘモグロビン値を調べられる暇(いとま)もなく、"んー、体重足りないから
今日は採血できないよ。来てくれてありがとう"とな。


がーん。

こんな事なら2年前に献血しておけばよかった。


めっさ元気やねんけどなぁ。
どっこも悪いところないよ、超健康体よ、ってアピールしたんだけね、
"規則は規則ですから"って。

ちぇっ。
ちったぁ世に貢献する事をしようと思ったのにな。

でもアメリカの献血って最低ラインが1パイント(約550ml)だから、日本で採血
する量よりも大分多め。(日本は200mlからだったよね?)
故に下限体重も多めに設定してあるのかもしんないね。


あー、残念。
一度は献血してみたいのにな。
 
ももちゃん。 
 
下限体重は49.5kg(110lb)です。
私は身長156センチです。ちいちゃいっしょ?
でも、日本だったらきっと献血できるサイズだよね。
そうそう、ラブロの献血センター。
あそこにお友達と通ってたのに、私は一度も献血できなかったの。
お友達が献血している間、ジュース飲んで待ってたっけ...。
手土産までもらえるんだ?それは知りませんでしたわ。
Unknown 
 
ちなみに、その下限体重は何キロ(パウンド)だったんですか?
それは身長と比例するんですか?それとも一定の体重以下の人はできないのかな。
小柄だと献血できないってことですよね。残念でしたね。
金沢のラブロでしたっけ?献血センターがあるのは。私の母は年に3回くらい献血に通ってましたよ。お菓子食べ放題、ジュース飲み放題、DVDも豊富で、帰りに手土産も貰えるんですよ。
Post a comment
 

Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
 
http://iyaquo.blog31.fc2.com/tb.php/100-dc209956