いいことありそ。(…かどうだか。) 
 
日曜日はなかなか良いお天気だったので、
コーと二人、おべんと持参で近所の公園へ行きました。

コーは自転車に乗って走り回ったり、
とっても楽しそうでした。

当然のことなんだけど、子供が自転車に乗り始めると
歩きや走っている時とスピードが全然違うから、
問題発生時にすぐに駆けつけられん、という弊害がまぁ、
あります。
なので、私はちょいと高台っぽくなっているところを
陣取って、そこからコーさんをスーパーバイズ。笑
そこにいる限りは、コーがどんな事をしているか
一目瞭然なので、悪いことしてたら呼びつけて
"お友達にぶつかった時はゴメンね言わないと?"
とか、そーいう感じで過ごしておりました。



自転車に乗るのにもいい加減疲れてきたらしいコーが、
"おかーさん、お散歩いこー"と誘ってくるので、
公園の大きさを調べるためにも(引っ越してきた先の
近所の公園だから詳しい事を知らないの)ぐるっと
一回りしてみよか、と二人で歩き始めました。

遊具がある遊び場が二つ、バスケのハーフ・コートが
6枚くらい、スケボーのパイプが一本、ゴルフ場一つ、
水遊びやバーベキューができる施設や、コミュニティ・
センターも発見。かなりの大きさだわ。

ゴルフ場に関しては降るの18ホールがあるわけではなく、
打ちっぱなしダーっとあるのと、グリーンが10枚くらい。
それでもゴルフというスポーツに要するヤード数やら
そういうのを考慮すると、結構な大きさの土地が
必要になるわけで、そういうのを"市"が経営する公園に
設置しちゃうって言うのは、なかなか凄いことよね。

ちなみにコーはゴルフとスケボーに興味津々でした。
"ぼく、大きくなったらあれやりたい"だって。
(大きくなったら○○…というのは最近のコーの口癖。)


散歩している間はちょっと冷たい風が時折吹いて、
ところどころ曇ったりまた日が差したり、というのを
繰り返していたのだけど、ふと空を見上げたら
太陽の周りにクルンと暈(かさ:光の輪)がかかっていました。
"久しぶりに見たなぁ"とサングラスを外して
目を凝らしてみると、なんとその暈は虹色でした。
うっすらとしか見えないけれど、虹の輪が太陽の周りを
囲んでいたのです。初めて見た。

太陽の虹① 太陽の虹②

ま、もちろんこんな日に限ってカメラは携帯の"しか"
持ってないんですけどね…。
(しかも今日は持ってこかどーか迷ってやめたんです。)
なのでお写真のクオリティは"ごにょごにょごにょ…"
ですけど、でも、一応、見えるよね、虹。
一枚目のお写真に写ってる小さい黒いのは飛行機です。

明日から雨の予報なので、空気の中の水分がちょいと
多いのかもしれません。
でもネットで検索する限り、結構レアなものらしいので
ちょっと得した気分です。
何かいいことあるかな~♪なーんてね。

皆さまにも良いことありますように。
一週間、がんばりまっしょー。
(日本の皆さまはGWも目前よね。いいなぁ。)
ゴネたもん勝ち。 
 
3月にお引越し先を決めた後、公共料金などの
手続き変更、郵便物の転送届けなどを出しました。

インターネットのプロバイダさんの引越しも含めて。

"4月4日には引越しだから、よろしくね"と、
噛んで含めるように言うたにも関わらず。

5日、月曜日。繋がってないやん。
月曜日の夕方、プロバイダの方から連絡が来ます。
"お宅のアパートのユニット何番だっけ?"

一番最初に引越し連絡した時に言ったよね?
と訝りながらアパート番号をもう一度伝えます。

すると、プロバイダの兄さんは、
"今日はもうBellevueから出てしまったんでー、明日の
朝一で繋げにいきますわー"と軽く言うではありませんか。


ちょい、待てぃ。
明日?
日曜日(4日)に繋げる予定だったじゃんか?

1日のロス…、まぁアメリカならありがちか、と思い直し、
アパートの片付けもまだ終わってなかったのもあって、
"いいですよ、明日ですね"と言ったのが運の尽き。

火曜日(6日)を過ぎてもインターネットは使えません。
その日からプロバイダと熾烈なゴネ合戦が始まりました。

カスタマー・サービスとこんなにやり合ったのは久々です。
こんないい加減なカスタマー・サービスに出会ったのも
また、久しぶりです。

その時々によって話す内容が全然違うのは当たり前、
毎日そのプロバイダのカスタマー・サービス・センターの
誰か(Rep)と話す事によって、電話線工事の予定日が
どんどんどんどん、「後ろに」ずれ込んでゆくのです。
この会社の顧客情報はどんな風に管理されているのか
知る由もないけれど、毎日同じ話を延々繰り返さないと
問題点にたどり着けないのも大問題でした。

毎日電話する=毎日不満が募ってる
という図式を果たしてこの会社は理解しているのかしら?

それでもって工事予定日が遅れていくって?
理解に苦しみます。

もちろん、カスタマー・サービス・センターの誰かが
工事を施しに来るわけではない事は分かっているし、
施行するであろう人の数にも限りがある事も理解しています。
でも4日に配線工事頼んだものが13日までずれるって、
到底納得できる内容ではありません。


それでワタクシ。久しぶりにゴネました。
"こっちは日曜日から待ってんだよ。13日まで待てだと?
んな条件飲める訳ないでしょーが?"って。
それでもプロバイダ、"13日まではうちも人がいないんです"の
一点張りなので、"契約解除"の必殺技をちらつかせます。

"そんなに待たされるならそちらのプロバイダ使う意味ないし、
他社に切り替えるんで、契約解除の手続きお願い"と言った途端
"再度、配線施行者のスケジュール確認しますんで"ときました。
(なんで最初から確認しないんすか?)

約1時間電話で待たされた結果、配線工事は金曜日(9日)に
繰り上げが決定しました。やればできんじゃん。

金曜日、配線は終了したものの配線盤に不備があったため、
私のモデムのライトはチカチカ点滅するのみ…。
ネット繋がってないじゃん!

またムラムラと怒りが込み上げてきて、金曜日の夜に
プロバイダさんと再戦。
"来週の木曜日(15日)までは施行者が行けませんね~"と
のたもうので、"いんや、土日か、遅くても月曜日。
それ以上は待てない"とキッパリ言い渡しました。
木曜日だと?ふざけんな、ってな勢いです。
(実際、"冗談言ってんじゃないわ"とは言ってもーた。)

本日月曜日、午後6時に施工者のおっちゃんが電話で
"今から行きますんで~"と。
30分後には配線盤を確認しに来て"もう繋がるはずだよ"
とニコニコと言うではありませんか。

モデムのライトも全部着いてる。
パソコンも繋げてみる。
あ、やっとだー。

ゴネなかったらどれだけ時間かかってたのかなぁ?
ここってホント、ゴネたもの勝ちの社会なのね、
としばし平和ボケしていた頭で考えてしまったのでした。