Girls' Night In。 
 




年齢を重ねるごとに、家呑みが好きになってきました。
外呑みに関する煩わしいあれやこれや(大体、車を運転せずに呑みに行くこと自体が
無理なんだもん。)を考慮すると、どうしても家で時間もお財布も飲酒運転のアレコレも
気にせずに良い家呑みに。
気持ちがググッと傾いてしまうのです。

あと、私はおつまみとかアテでお酒は格段に美味しくなると信じている、
ちょっと面倒くさい人間です。
要はお酒単品を美味しく頂けないだけで、チーズ一片でもいいから欲しいのね。


久しぶりに会うお友達と、ワイン片手にガールズ・トークほぼ一晩中しました。
ワインのアテはチーズ、果物、サラダ。
私たち、ワインの隣にチーズと果物があれば幸せなんです。
チョコレートがあれば言うことなし。


この日のチーズはシャープ・チェダーと水牛のブリー。
ブリーはオーブンで焼いて中がトロトロになった所が食べごろ。
若い洋ナシをスライスしたものにつけて食べると大変美味しゅうございます。
他には定番果物のブドウとリンゴ。
リンゴはチェダーと一緒の食べると最高に美味しいです。

サラダにはブルーベリー・ビネガレットのドレッシングを。
これ、ジャムとお酢があれば簡単に出来ます。
マスタードが隠し味。ちょっと入れると、お酢よりも一味深みのある酸味が
ドレッシングに出ます。
冷凍庫にあったブルーベリーと、オーブンでローストしたチキンを添えて出来上がり。

チーズ、サラダ、果物、ピスタチオ。
何だかバランスが取れてないなぁ...と思わないでもないけれど。
でも、ワインのお供としては最高の仲間たちです。


腹筋が痙攣して涙が出るくらい笑ってしゃべり倒して、気づけば二人でワイン
3本空けてました。うわ。
寝る前に"二日酔い防止"の薬を二人で飲んだのだけど、ここで初めて気づいたの。
アメリカ人にとって"二日酔い防止薬"とは、アスピリンやタイレノルなどの痛み止め。
日本人だったら絶対胃薬だよね?
アメリカに来て12年目に知った衝撃の事実。
でも、タイレノルいい仕事してくれました。
It works。衝撃の事実。
そして、再び。粉もんのアブナイ誘惑。 
 
夜中の小腹が空いた時間に眺めるCookpad。

やばし。
非常に、マズい。


この時間帯には"なんちゃらWalker"の新作試食レビュー系の記事を避けるように
しております。
昨日は夜中の12時半頃に"ブルーベリー"特集に目を奪われ、危うく冷凍庫から
ブルーベリーを持ち出してくるところでした。
果物だと言っても、糖分は糖分。
12時半に食べるべきものではございません。


その美味しそうなお好み焼きレシピ、しっかりブックマークしておきまして。
本日、作っちゃったわ。
ついこの前、"薄い"お好み焼き作ったばかりだってのに。


今回はあくまで、普通の厚さの(みやちゃ~ん!笑)お好み焼きです。
豚バラもアジアン・グローサリーで手に入れたし。
ま、"長いも"はここでは高級食材なので、お手軽なジャガイモで代用。
生地の粘りを考慮して冷凍オクラを入れてみたら、コレが美味しくて。


生地にはてんぷら粉を8割方使いました。
ネットで、てんぷら粉の割合って薄力粉に近いと読んだ記憶があったので。
(アメリカで一般的に使われてるのはいわゆる"中力粉"です。)
生地をのばす水分は、お出汁ちょっとに牛乳がメイン。
これにキャベツとたまねぎ、浅つきとオクラを入れます。


久しぶりにホットプレート出してきて、コーと二人、お好み焼き。
実家でお好み焼きする時って、ホットプレートとか鉄板出してやってたなぁ。
お好み焼きと焼きそばは父の担当だったのも、懐かしく思い出して、
コーに"じぃじのお好み焼き、めっちゃ美味しいんだよー"と訳もなく自慢したりして。


今回のレシピは実家レシピ&焼き方とは違うタイプのお好み焼きだったのだけど、
いやー。これも美味しかったわ。
生地の真ん中に窪みを作ってそこにたまごを落とすのだけど、コーには
これがかなりツボだったらしく、あがってましたねぇ。
たまごの上にお肉をおいて、その上にチーズ乗せて焼くのだけど、裏返して
焼いた後にもう一度引っくり返したら、チーズがえぇ感じに焼けてて、で、
そのチーズとソースがほんとによく合うんです。



これが元レシピです。↓ 
http://cookpad.com/recipe/851288

私のは我流なアレンジかけてます。悪しからず。


あー。美味しかった。でも。た、食べ過ぎた…。
これで、しばらくは粉もんの誘惑から逃れられるか。
コーさんといっしょ。 
 
コーさんと過ごす週末は1週間毎にやってきます。
お天気が良かったらプール行こうとか、朝ごはんはコーの好きなアレを作ろうとか、
色々考えたりするのは楽しいです。


公園で遊んだり、近所の遊歩道で散歩したり、のんびり、リラックスした時間を
コーと過ごすのが結構好き。

今週末は暑すぎなくてちょうどよいお天気だったかな。


コーと散歩をすると、大体彼は私に"おかーさん、ここのお花綺麗だよ。
写真撮って。"とか"ぼく、写真撮る"とか、そういうことを言います。
(親が言うのも何だけど、コーが撮る写真はなかなかステキです。)
空を見て"おかーさん、空が綺麗だね。雲がお魚みたい"とか、言ったりします。
私が空とか花の写真を好んで撮るのをよく知ってるんだ。


土曜日も果たしてそのとおりで。


"車が来ないところだから走ってもいいけど、おかーさんが見えるところにいてね"
と言った途端、ダッシュしてったコーさん。

  はやっ。


フェンスの向こう側に綺麗な花(雑草なんだろか?)を見つけて、

 "おかーさーん。あれー!お花~。"


"キレー。あれ、撮ってよ"とせがまれたのがこちら。



草花の名前に全然詳しくない無学モノなので、花の名前は全く分かりません。
でもとても綺麗な深い青いお花でした。



走り疲れたコー、途中で"もぅ抱っこ~"と泣きが入ってしまったけれど、どうにか
車まで辿りついて、帰り道に見た沈んで行く夕陽がまた綺麗で。
コーは車のシートですやすや眠ってしまっておりましたが。




のんびり幸せな、コーさんといっしょの週末。


しょ…。食パンまん…? 
 
消しては描ける"お絵かきボード"、実家の姉がしばらく前にくれました。
コーはコレが大好きです。

あんぱんまん、食パンまん、ばいきんまんにドキンちゃんをなぞって描けるシートが
この"お絵かきボード"には付いていまして、先週末コーさんと二人で絵を描いていたの。


暑い日だったのだけど、生憎コーは何かしら怒られることをしてしまい、罰として
外では遊べません、家で出来ることを探しなさい、と言ったら"お絵かきボード"を
持ってきて、"おかーさん、ばいきんまん描いて"と。

うん、じゃ、ばいきんまん描いて、ついでに隣の食パンまんも…と、顔の形だけ
なぞったら、コーが"ぼくがやる~"と言い出した。

どーぞ、とペンを渡したら食パンまんの顔描いてくれたんだけど、これが…。
めっちゃシュールなんよ。
急いでカメラ持ち出してきて撮ったのがこちら。

  こぇぇぇぇ!

目の上のその丸いのはいったい何でしょ!?
おかーさん、ちょっとビビリました。

"これ、食パンまんなんだ?"と問うと、"うん"と自信ありげなお答えでした。
3歳児のお絵描きって楽しいわ。

コーは色塗りとかお工作が好きな子で結構上手なのだけど、絵心のほうは
どーなんだろうなぁ…。ふふふふ。
猛暑+扇風機=夏風邪。 
 
あっついです。
夏だから暑くて当たり前、かもしれないけれど、最近のシアトル、暑すぎです。
特にここ10日間は連日30℃越えの真夏日で、しかしエアコンのない生活だから
暑くてかなわん。

"30℃くらいで何をウダウダ言ってるんだ"
と日本在住の皆さまにはお叱りを受けるかもやもしれません。
でもね、エアコンないとこの日照り続きが辛いです。

それと、これだけ暑いと職場に行くのが図らずも(笑)楽しみになる。
仕事行ったらとりあえずエアコンで涼しいからね。
でもキンキンに冷やしてるから(サマービズってなんだ?)仕事終わりに
あっつい車に乗ると、一瞬"あったかい"と思ってしまう私。
どんだけ冷やしとるんだ。


日没が9時近くだから、一番気温が上がるのが午後6時とか7時ごろ。
家に帰ってきたらまず外との気温差を肌で確かめます。
外の方が暑かったら熱気を家に入れないため、窓は開けません。
家のアパートは最上階ではないし、ダイニング・ルームの一番大きな窓は
東南向きだから朝の遅い時間から昼の早い時間に日が差すくらいなので、
家の中に熱がこもる事が比較的少ないみたいです。

それでも暑いから扇風機フル稼働。
因みにアパートには窓付けのエアコン取り付け禁止です。
外観を損なうから、とアパートを契約する時に言われた事です。

日が沈むと風が吹いて涼しいから、窓全開です。
扇風機も相変わらずフル稼働させつつ寝ることが多いので、朝起きたら
舌の裏側に口内炎できてた。くしゃみも止まらないし。
職場との気温差も絶対影響してるよなー。
夏風邪なんかなぁ。まぁコーは元気だからいいか。