粉もんのアブナイ誘惑。 
 
小腹が空いた時間帯にネットでグルメ情報を見るのはヤバシ。ですね。
空腹時にスーパーに買い物に行くのはタブーなのと同じです。

しかしネット上には美味しそうなものが溢れていますねぇ。
作り手、売り手の戦略にまんまと乗っかる一般消費者(もとい、私)の図が
見て取れるでしょ?

たこ焼きの上に揺れる花がつおとか青のりとか、危ない誘惑がこれでもか、と
盛られていて、わたしまけましたわ(回文)。
粉もんの誘惑っておろそすぃ。


ネットで"食うてみなはれ、食うてみなはれ"と誘(いざな)われるまま、翌日
(翌日まで待ちましたとも。ネット中は、お夜食の時間をとっくに過ぎていた)
お好み焼きつくってもーた。
関西風にめっちゃお出汁効かせて。

お好みソースで食べるにはちょっと暑苦しい日だったから、冷たいお出汁で
いただきました。
"明石焼き"があるんだから、それ風のお好み焼きがあってもよかろうと、
なんとなーく作った割には美味しかったです。

具材も家にあった物を適当に入れただけだから、キャベツも長いもも入ってません。
ズッキーニと人参の千切りに浅葱を沢山刻んで入れたものに中力粉と
ベーキング・パウダー少々、お出汁、たまごを入れたのみ。
なんていい加減なお好み焼きなんだろ。
お好み焼きのエキスパート(そんな人がいたとすれば)に見つかったら、
確実にダメ出しされそうなお好み焼きですね。


ネットで見て"美味そう"と思った鰹節を(生憎)切らしていた為、刻みのりと
刻み梅でさっぱりいただいてみた。

   (相変わらず盛り付けヘタ。)
                     

夏はスイカだよね~。おいし。


双葉ちゃん。 
 

この前Ikeaに行ったら半期に一度の大セール開催中でした。
なので、セール対象品のバジルを購入して育ててみることに。

プラスチックの鉢の中には圧縮された(?)土と肥料と、種が入っています。
説明書には何の説明もなく、ユニバーサル・ランゲージ(もとい、絵)で説明描きが
なされています。
大概のIkeaの商品には8ヶ国語(勿論日本語も含む)くらいの説明書があるんだけど、
図解ってのは今回が初めてだったな。


説明書を元に圧縮土と肥料を入れた鉢に水を注ぐと、もくもくと土が膨らんで
コーさんは"もこもこしてるよっ!"と大興奮。
土がいい感じにバラけたらそこにバジルの種を蒔いてちょっと土をかぶせ、
土を湿らす程度にお水をあげておきました。

図解説明書によると、2週間後にはバジルが収穫できるそうです。


二日後に鉢植えを見てみると、あら、もう双葉ちゃんが出ているではありませんか。
はやっ。
コーに"もう芽が出てるよ"と言うと、双葉を見たコーさん、"お口みたい"と一言。
確かに双葉が開ききってない状態の葉っぱって唇っぽい形状だよね、うん。
子供の着目ポイントっておもろいです。
でもバジルのあまりの成長速度にちょっとびっくりしてます。

キッチンカウンターに置いてあるバジルの鉢植えは、日光を浴びようとする為か、
一斉に窓の方向を向いて伸びています。


さて、いつごろ生バジルを使ったパスタ料理が作れるかな…。
楽しみです。
うま~。in Vancouver。 
 
友人と二人、ぶらっとバンクーバーへ行ってきました。

すごく久しぶりに牡蠣のロッカフェラ(生牡蠣の上にクリーミーなソースをかけて
オーブンで焼いたもの。ソースのおかげで牡蠣の生臭さが消えてすごく美味しく
頂ける)が食べたくなったので、地元のアイリッシュ・バーにいた可愛らしい
ウェイトレスに"どこかオイスター・バー知ってる?"と聞いてみました。
こういうのって、レストランとかで働いている人に聞くのが一番だものね。


彼女がお勧めしてくれたのはYaletownにある"Rodney's Oyster House"。




平日の夕方だってのに、バーもレストランも満席。
期待が高まるねぇ、と地場のビールを飲みながら待つこと20分。
ようやくバーのテーブルが一つ開いたのでそちらへ移動します。


一緒にいた友人は生牡蠣を食べたいというので、とりあえずそれを3つと
ムール貝のワイン蒸しをオーダー。

膨大な数のコンディメント(ホットソースとかタバスコね)と共に生牡蠣登場。

  

ソース類は見えにくいかもしれないけれど、これは自家製のもの4種類くらいと
タバスコも3種類あって、辛さもかなり幅広い。
牡蠣プレートの手前の白いのは、ホースラディッシュのすりおろし。
最初"なんでこんなところにパルメジャン・チーズあんの?"と思ったけれど、
いやいや、ワサビですから。笑

友人、"めっちゃ美味しい。食べてみ!"と"生牡蠣食べませんから"と言い張る
私に熱烈にオススメしてくるので、まぁ試してみるかと、ちっっっさい牡蠣を
食べてみたのです。
ホットソースかけて、レモンきゅーっと絞って、パセリ乗っけて。

そしたらね。
あまりの美味しさに驚愕してしまいました。

"えぇぇ!?生牡蠣食べれんの、私?"と。

七年毎に味覚が総入れ替えするという話は聞いたことがあったけれど、本当に
そうなのかもしれない。(だって最後に生牡蠣食べたの、もう10年以上前だし。)

生牡蠣が美味しいと発見したその後はムール貝のワイン蒸しのことなどは
すっかり頭から消えうせて、ひたすら牡蠣、一ダース半(二人で)食べちゃいました。
3つ目くらいからもう、ホットソースの存在すら忘れていたね。
美味しかったぁ。

Rodney'sのキッチンは半地下にあって、私たちが座っていたテーブルからこんな感じで見えます。



端にてんこ盛りなのはいわずと知れた、牡蠣の殻。
その下から見え隠れするサラダやディナーのお皿もとても美味しそう。
今度来たらここでディナーだな。ふっふっふ。  


Rodney'sだけでなく、バーやレストランやアパレル・ショップが細い路地に沢山
並んでいるYaletownは、ヒップでとても素敵なところでした。

ポスト・独立記念日。 
 

独立記念日の週末がようやく終わります。
4日が土曜日だったため、前日の3日が振り替え休日扱いになって3連休でした。
3日が一番暑い日で、日を追うごとに徐々に涼しくなった週末でした。

3日はプールで一日遊び、4日は友人宅でバーベキューをして近所の「花火大会」を
夜11時半ごろまで堪能し、5日はコーさんとのんびり過ごしました。


シアトル郊外の市は花火禁止のところが多いんだけど、皆けっこうバンバン
打ち上げてますね、相変わらず。
ネイティブ・アメリカンのリザベーションまで行って花火買ってくる方々の
独立記念日に懸ける情熱ってなんかすごいよな、と思うワタクシ。

義弟は↑のような情熱的な人種でして、彼は独立記念日の花火に$200だか
$300をつぎ込みます。
何年前だったか、あまりにボンボン花火上げすぎて、近くに駐車してあった
友人の車の窓ガラスが木っ端微塵になったこともあったりして。
やりすぎだっての。


5日の朝、前日の夜遊び(つーか、市主催の花火大会って10時開始が殆どなのです。
9時だとまだ明るいからね)の所為か、コーさんは朝10時半まで寝ていました。
起きたら”おにぎり食べたい”と第一声いただいた(笑)ので、実家の母が去年
送ってくれた自家製の梅干を切り刻んでおにぎりにして、お味噌汁と出し巻きで
いただいて。(梅干美味しかったです。ママごちそうさま☆)
その時点で時計を見たらもう正午近く。

コーに”今日は暑いからプール行く?”と聞いてみたら”公園行きたい”と言うので、
暑いけどなー…と思いつつ、行ってきました。

お天道様が一番高いところにある時刻だからか殆ど誰もいなくて、ほぼ貸切状態。
暑いから水分補給たっぷりしながら遊ばせていたら、徐々に子供たちが増えてきて、
隣接された野球場では少年野球の練習試合が始まったりして、にぎやかでした。

公園で休んでいる時に私のサングラスで遊んでいるコーさんです。

  逆さまですぜ、旦那。


そう指摘したら:


直したのはよいが、ぶーたれておる。なんだ、そのクチビルは。


さすがに暑くなってきたのか、最後の方はダレダレで”プール行こうか?”と
おかーさんを誘うコー。
だから最初からプール行こって言ったじゃんか。(ココロの声)


プールでもたっぷり2時間は遊んでいた元気なコーさんでした。
その後家の中で工作して遊んでいたら大あくびしてた。
疲れたんだろうねぇ。

のんびり、楽しい一日でした。

最近のことつれづれ。 
 
6月は殆ど記事をあげていません。
何かねぇ、あまりコレと言った出来事もなく、平穏なんですよ。

特記することがないっていうかね。ふふふ。平凡な日々。
お仕事して、コーと遊んで、週末はお友達と一緒にワイン飲んで。
という生活です。

ここのところお天気がよい日が多くて、気持ちが良いです。
お天気が良いとパソからも遠ざかっちゃうのよね、外出ちゃうから。


コーさんはとにかく、3歳8ヶ月の男児らしく、超元気です。
独り言が日本語で出てくるようになりました。
以前は独り言はずっと英語だったのだけど、最近は日本語で。
でももしかしたら、”おとーさん”家では英語で独り言言ってるのかもしれません。
独り言って、大抵一人で”ごっこ遊び”している時に言ってます。
”それはダメだ、こっちだ!”とか、何かよー分からん。
いっつも一人バトルしております。(車のおもちゃとかで。)
それを目と耳の端で追っていると、クスクス笑えます。
子供っておもしー。


アメリカは今週末、独立記念日です。
土曜日が独立記念日なので、前日の3日(金曜日)は振り替えでお休み。
今週は4日だけ働けばよいので、何か得した気分~♪
独立記念日もお天気が良いといいなぁ。


アメリカ各地の皆さま、良い独立記念日をお迎えくださいね。
日本やその他の地の皆さま、あと半分残った一週間、素敵にお過ごしください。