ベンジャミン・バトンの数奇な人生。 
 
先週の土曜日、久しぶりに映画を観ました。
ケーブル・テレビのオンデマンドでレンタルしてる時期なんです。





友人の家でワイン片手に観てたんだけど、気付いた時には友人一家はみんな
寝に入ってて、結局私が一人で画面を食い入るように見つめていました。



素敵なストーリーだったなぁ。
かのスコット・フィッツジェラルド氏原作の作品だから、素敵じゃない訳ないか…。
他のフィッツジェラルド作品にはいくつか目を通したことがあるものの、この作品は
読んだことがなかったので、非常に興味深かったです。


出生時に80代の身体を持ち合わせていた”ベンジャミン・バトン”が
歳を追うごとに若返っていくお話です。
年齢と共に若返っていく感情の描写は(映画の中のストーリーとはいえ)すごく
不思議だし不安もかき立てるけれど、すごく切ない。

作品を通して流れる、年月も歳も重ねても変わらない気持ちとか感情の強さ、
深さ、そういうものに純粋に動かされた…かな。

人生と言う限られた時間軸の中で大切な人たちと共に過ごす一瞬の、
愛おしさとか温もりを思い出させてくれる作品だと私は思います。


あ、もちろん若返ってゆくブラッド・ピットも超ホットです。
こんな40代が周りにいたら目の毒やなぁ…。ふふふ。


邪道サングリア。 
 

日本はもうそろそろ梅雨入りした地域もあるみたいですね。
シアトルは今、湿気が殆どなくて気持ち良いです。
しかもねぇ、珍しく、と言うべきか、ここ1週間以上雨ナシの好天。
今くらいから9月くらいまでは”おいでませ”、とオススメしたいシーズン
(であり、観光のピークでもあり。)です。
お時間あったら是非どーぞ☆


さて。
暑いんで、サングリア作りました。
言わずと知れたスペイン発祥の、フルーティーな飲み物です。
私のは適当に何でも”ぶっこみ系”で作るので、邪道サングリアと呼んでます。

今回は:
レモン、ネクタリン、りんご、いちご、で作りました。
シンプル・シロップ(砂糖水)にスライスしたフルーツを入れて冷蔵庫で2時間ほど
寝かして、それにお好みワインをシロップと同量加えて出来上がり。
ワインも白でも赤でもなーんでもいいんだけど、今回は家にあったSauvignon Blancを。
やっすいヤツです。ふふふ。
それでも美味しくできるのがサングリアの良いところ。

オレンジを入れるとMerlotとかとすごく良く合います。
オレンジ+赤ワインって、私の中に刷り込まれた”スペイン!”ってイメージ。笑

コレを昼間から、暑いなぁ、とか言いながら飲んでるダメなオトナです。
子の居ない週末の醍醐味とでも言いましょうか。ほほほ。


フルーツも沢山入ってヘルシーかつ、すっきりRefreshingするサングリア。
ちょっと目新しいし、夏場のBBQなどでも大活躍するんじゃないかなー。
(先週末の友人宅でのBBQでは大好評だったよ。)

是非お試しくださいませ。