土曜のブランチ。 
 
書いた記事が全部消えちまったではないか。きぃぃぃぃーっ。
しゃあないな。もう一度書いてみまっす。

3連休のアメリカです。
ガソリンが急騰してますね。まぁ例年のことですが。
でもお天気がめっちゃよくて気持ちよいです。
雲ひとつない五月晴れ。
初夏はこーこなくっちゃね。


土曜日はコーさんと二人、お家ブランチしました。
何となくSwedish Pancakeが食べたくて、金曜夜にタネ仕込んでおきました。
でもね、このレシピはクレープと違って"寝かし"が必要ないんです。
今回は単に朝ラクしたかったので、前日に仕込みをしただけよ。

レシピはこちら:アメリカ計量カップでのレシピだけど、日本のも大してサイズ変わらないよね?
その辺は適当に調整してみてください。

材料:
小麦粉Or中力粉(アメリカではAP Flour):1/2カップ
砂糖:大さじ1
塩:ひとつまみ
たまご:1個
牛乳:1カップ
バター:大さじ2

作り方:
1. 粉と砂糖と塩を混ぜておく
2. たまごをボールに割りいれて、そこに牛乳を入れてよくまぜまぜ。
3. バターを電子レンジで溶かす
4. 2に1の粉類を入れて混ぜすぎないように混ぜ、溶かしバターを折りこむように混ぜる


以上。簡単っしょー。(○○っしょー。と言うのは最近のコーの口癖。)

コレをフライパンで焼いて、出来上がったのにサワー・クリームとベリー系のジャム巻いてできあがり。
本場スウェーデンではリンゴンベリーのジャムをサワー・クリームに添えるのだけど、家では生憎
コレを切らしてましてね(IKEAで買い損ねた)、ブルーベリー・ジャムで代用しました。
半分はスライスしたバナナとヌテラ(という名の、ヘーゼルナッツ・チョコ・クリーム)にして。
コーさんはえらい気に入っておりました。私にはちと甘すぎたが。



たまご焼きとソーセージを+してブランチ完成。
オレンジ・ジュースもあったから付けてみた。超アメリカーンなブランチやね。
コーさんのは水割りしたジュースとにゅうにゅうをつけ、私のにはコーヒーをつけ。
コーヒーのこと、コーは"おかーさんのちょこにゅーにゅー"と呼びます。


何か最近、自分のことを”ぼく”と呼び、私のことを”おかーさん”というんだな、この子は。
まだ”マミー”とも呼ぶけど、”マミー=おかーさん”ってのは分かっている模様。
でも私に自分の父親の話をする時は、ぜーったい”おとーさん”って言う。
本人には(英語で会話してるからなんだろうけど)”ダディー”と呼んでるけれど。
こういう変化っておもろいなぁ、と思います。期間限定だから余計に。



おまけ…。
ピクニック(と言っても近所の公園行っただけなんだけど)のおべんと。





この記事は無事にUpされますよーに…。

こどものとも。 
 
本屋さんにてすばらしい絵本を発見したのでご紹介。

自分の為に音楽雑誌を買いに行ったはずが(まぁそれも購入してんけど)、
一緒にいたコーが"めばえ"を欲しいというのを説き伏せてコレを買うことに
決めました。それほどインパクトあったんだよ。



それではタイトルから。



"さかかことばで うんどうかい"
西村敏雄 作


"逆さ言葉?"とまず、ここで俄然興味が沸いて、手にとってぱらぱらとめくってみて、
"おー。これ、回文でできてんだ!"と感動。


言葉の引き出しを奥の方まで引っくり返さないとできない回文という芸術、
あんまし言葉を持ち合わせていない私には作れないんだけど、読む分には
結構好きなんです。
駄洒落とかおしゃれなのとか、すごく沢山あって、くすくす笑えて和むのね。



この絵本には"うんどうかい"が種目別に色々登場するんですけど。

  ← 例えば、てつぼうとか。

"きめわざきまり とりまきざわめき おおおおお!"

って。すっごくない?すごいよ、これ。


てつぼうしてる動物さんはこちら。↓




それで、

  

ですよ。ふふふ。目まわっちゃってんの。可愛すぎる。


とどめはコレ。↓




"しんたいそう
うまが まう   うまく まう"


シュールな絵と相まって、もう完璧に落ちました。
一目ぼれ。
即決で買いました。


5歳向けの絵本だろーがなんだろーが、面白いものは面白い!
福音館さんが刊行している"こどものとも"という月ごとのシリーズなのですが、
これはうん、良いですよ。


かなりオススメであります。

くだらないのに気になる木。 
 

日本語には沢山略語ってあるけれど、英語の略語ってたいがい、単語の頭文字の
詰め合わせです。
分かりやすいところで言えばA.S.A.P.(As soon as possible。超特急(笑)の意)とか。
えーえすえーぴーって言う間に"As soon as possible"ってフレーズ言えちゃいそうな
トコがまたベタなところですが。ふふふ。

A.K.A(Also known as。もとい、の意)も使用頻度の高い略語ですねぇ。

まぁ他にもVP(Vice President。副社長)やCEO(Chief Executive Officer)などを始めとする
役職関係は、英語の略語(A.K.A.頭文字詰め合わせ)多いですね。



えーと。前置きがながぁぁくなりましたけど。

英語には"もうちょっと捻った名前付けた方が良くない?"と思っちゃう固有名詞が
あふれておりまして、今日作ったコイツもその一つです。

"Chocolate Covered Strawberries"。
イチゴのチョコレートかけ。
お写真、どん。↓

  ずらずらっと。並んどります。


コレ何かさ、どこかの高尚なレストランのデザート・メニューに書いてありそうな
名前だと思いません?


くだらないのにすっごい気になる名前だよなぁ。

誰かステキなメニュー名(もとい、コピー)を考えてくれないかなぁ。
そしらたスッキリするのに。(ホントか?)


あ、因みにこれは職場の持ち寄りランチ・パーティ(@明後日)の為に作った
チョコがけイチゴです。
コレとRice Crispie Treats(アメリカ版、激甘"おこし")を作りやした。



トップのお写真は日曜日の空です。
五月晴れで気持ちよかったー。
最近発見した絶景スポットが近所にあって、そこに行っては空を見上げて
みたり、眼下のサマミッシュ湖眺めたり、とお独りさまの楽しみです。