不意打ち。 
 
久しぶりにお友達の家に遊びに行って、ご飯食べてワイン飲んで、しゃべって
お腹の筋肉が痙攣するくらい笑って、"んじゃ、そろそろ帰るわ"と立ち上がった途端。


白い水玉模様が視界いっぱいに広がって、視野が急に狭まっちまいました。
"うわ"としか言えず、テーブルに手を着いて身体を支えるのが精一杯。


不意打ち。
もう何が起こってんのか、自分でもぜんっぜん分からない状態です。
久々(中学生以来)に貧血か?と思うけれど、胸の辺りがムカムカしているから、
なんかそうでもなさそうだし。

お友達は"だいじょうぶ!?"とパニくっているものの(そりゃそうだ。さっきまでピンピン
してたんだもの)、とりあえず座んなさい、と椅子を引いてくれる。
椅子に座って頭を抱え、膝頭の間にそれを埋め込むように身体を折るとやっと
頭に血が通ってきました。

少し落ち着いたかと思ったら今度は激しい腹痛に見舞われ、その後は嘔吐。
"久々にきたな、腸炎"と。まぁ、その時点で悟った次第です。

お手洗いの鏡で"あかんべぇ"して下瞼見てみると殆ど赤い部分がないし、顔色も
お世辞にも良いとは言えない。
室内は暖かいはずなのに、しかも私はセーターと厚めのウールのカーデ着てるのに、
歯がガチガチ言って身体もブルブル震えて寒くてたまらないし。

腸炎とは言えども貧血を伴うのって初めてかもしれん。


お友達はひどく心配して"今日は泊まっていきなさい"と勧めてくれたのだけど、
病気の時ほど自分のベッドが恋しくなるものなのか、頑なに"んー、大丈夫。
帰れるよ"と家に帰ってきました。
お腹の痛みもめまいも大分治まって、"コレなら大丈夫"と自分で思えるように
なるまでは運転するのはさすがに自分でも怖かったから、1時間半くらいは
お友達の家でグダグダしていましたが。


"家着いたらちゃんとText(携帯のメールの事です)するんだよっ"と友達に念押しされ、
薬(嘔吐を抑えるものとインフルエンザの)とビニール袋を3重にしたの(=嘔吐用。笑)を
持たされて、"こんなお友達がいてありがたいなぁ。幸せだなぁ"と思いながら
帰ってきました。

ホントに身に染みるよね。こういう優しさって。


家に着いてから"無事着きました。いろいろありがと。I love you!"とメールを送り、
お風呂に浸かりながら30分くらい寝て、ミントのハーブティといただいた薬を
飲んでベッドに入り、翌朝10時半くらいまで、寝汗かきながら寝通しました。


腸炎って熱伴うんだっけ?
と疑問は残りますが。
Stomach Flu(お腹に来るインフルエンザ)という可能性もあるかもね。
身体の関節とか胃の真後ろとか、背中が痛いし。
関節痛が出てくる風邪とか引くようになった時点で、"歳やなぁ"とか思うように
なったんですけど。ふふふ。

ま、24時間後とか48時間後にはピンピンしてると思います。

通り過ぎるまではVicious(やばいくらいアグレッシブ。メリアム・ウェブスターより
出展)ですけど。

春のお天気って変わりやすいので、皆さまも不意打ちにはあわぬ様、お体
ご自愛くださいね。

焼きすぎ。 
 
焼きすぎな週末です。

"捏ねなくていいフランスパン"のレシピを見てたら、やっぱし焼きたくなって、
夜寝る前にタネを作って常温で放置して発酵させて、翌朝焼いちゃいました。



左よりチョコレート、ゴマ、プレーンの3種。

いやー。簡単です、このレシピ。
菜ばしでぐるぐるかき混ぜるだけのタネなんです。
お味もなかなかです。
ちょっとお砂糖多めだったから、次回はもう少し塩味効かせてチーズ入りのを
作ってみようかと思っております。



職場で仲の良い子が今週の木曜日にお誕生日を迎えるので、パンを焼いた
後はケーキを作りました。
チーズ・ケーキのトッピングが乗っかったチョコレート・ケーキです。



甘そうだよね。でもこれがリクエストされたケーキなの。
お気に召してくれると良いのだけど。
ご愛嬌にもならん。 
 
というレベルのぶっさいくなパン作ってもーた。

クリームぱん食べたかったんですよ。あんぱんの次は。
めっちゃ美味しいカスタードクリームも作ったんですよ。

でも、クリーム、ちょっと緩めだったかもしんない。

出来上がったのも、こんなんだもん。



拡大↓


照り出しの卵白も塗っておりませんし。


ぶっさいくやなぁ。我ながら。
ご愛嬌にもならんわ。

お味の方は悪くないんだけどねぇ。
ちょっと悔しいので、来週辺りリベンジしそうな気配ありです。


思い立ったら。 
 
何かと宇○島屋さんに行く機会が多い昨今です。
別に何を買うって訳でもないのだけどね。

週1ペースでダウンタウンに行く機会があって、そのついでに寄ってしまうのです。

"何かお惣菜でも買って帰ろうかなぁ"と思う事もあるんだけど、値札をみて大体
躊躇してビビッて、買うの止める事が多い。


で、この前お惣菜&ベーカリーのコーナーを見ているうちに、突然あんぱんが
食べたくなったのです。
何故にあんぱんなのか自分でもよぅ分からんのだけど。

宇○島屋さんに置いてあるあんぱん、地元のベーカリーで作ったのでも$2くらい
するんですね。
日本のメジャー・ブランドのあんぱんだと$3近くかそれ以上するの。

その値札見て再びビビったおかげか、その日はあんぱんの誘惑には負けずに
済んだけれど、日に日に"あんぱんやっぱし食べたいなぁ"と思うに至り。


本日、自分で作りました。

家にはさ、小豆も強力粉もドライ・イーストも揃っておりますから。笑


しばらく前からパン作りたいなぁ、と思っていたんです。
日本レシピのパンとか、ハード・ブレッド系(こちらではアーティザンって
呼ばれる部類のパンですね)のを作ろうと考えていて、材料は一通り揃えており。
捏ねなくてよいパンのレシピまでしっかりリサーチ済みにも関わらず、
今日まで私、パンと名の付くものを焼いた事がまっったく、無いのです。

焼きもの(ベーキング)結構好きなのに、パンだけ未経験。
どーよそれ。


家にはもちろんブレッド・マシーン(HB)がないので、手捏ねでやってみました。
小豆は昨日から仕込んでおいて、えぇ感じに炊けております。


捏ね作業、初めは手にタネがまとわり付いてどーなるんだ、と思ったのだけど、
これが10分ほど捏ねているうちに纏まってくれるんですよねぇ。
タネがまとまり始めた途端に、捏ね作業が愛おしくなってきちゃうワタクシ。
"よしよし"ってにんまりしちゃうんだよね。


発酵やらベンチタイムやらを経ること3時間、ようやくあんぱん、焼きあがりました。



ちょいと焼きすぎたかしらね。
形もちょっと不細工やし。笑
まぁ、初心者のご愛嬌ということで。ふふふ。

"あ、日本のパン!"と膝をたたきたくなるような、そんなステキなお味です。
餡をもうちょっと甘めにすれば良かったかなぁ、と思わなくもないけど。

コーさんは上にゴマをふるのを手伝ってくれたり材料を計ってくれたり、
お手伝いしてくれました。
捏ねもすっごいやりたがっていたのだけど、"ごめん。これはもうちょい、
大きくなってからね"と言うとすっごい不満そうでブーブー言ってた。


ちょっとクリームぱんも作りたくなってきたので、また手捏ねでパン作っちゃおー、
なんていい気になっております。
ご近所におすそ分けできるような見栄えの良いものが焼けるようになりたいな。
がんばろっ。
満開。 
 

昨日、仕事からの帰り道で見つけた満開の桜をカメラに収めました。
多分あれはソメイヨシノとは違う種類の桜だと思うんだけど(色合いが濃い桜だし)、
でも青空と濃い目のピンクのえぇ感じのコントラストが美しかったです。


今朝起きたら、昨日の夕方のような青い空が広がっていました。
それで思い出したのです。
"先週末撮ってきたUWの三分咲きの桜、今日辺り満開かも?"と。


それでコーさんとブランチ食べた後、のんびりお花見をしてくることにしました。


風は肌寒いものの日差しは温かく、シャツ1枚+首周りのストールで充分。
風が吹き抜けるたび、"カーデ羽織って来ればよかった"と思ってましたが。笑


UWはね。
やっぱし、というか目論見どおりというか、満開でした。
ウェディング用のお写真を撮っているカップルにも何組か遭遇して、"こういうの、
やっぱし絵になるよねぇ。キレイねぇ"とコーさんと話しながら、すごく沢山の
写真を撮ってきました。


ウチの新人カメラマン(子供用のデジカメなんだけど、一応ちゃんと写真が
撮れるんだ。)も構えて写真撮ったりしております。↓



彼の被写体は桜っつーよりもその上空を飛んでる飛行機だったりしますが。
好きなものを撮るのが一番上手く撮れるもんだから、それで良いんだけどさ。



UWのキャンパスはお花見に来た人たちで大変な賑わいでした。
興味深かったのがね、日本の方をはじめアジア人がすごく多かったこと。
桜って、無意識のうちに故郷の何か(懐かしさを初めとするいろんな感情)を
呼び起こす、花のような気がするのね。
日本人の多くは桜に対して、多少なりとも私と同じような"特別な"心入れがある
ような気がするのだけど、中国とか韓国の方にも共通する感情なのかな、
なんて思ってみたりしたのでした。
実際のところどーなんだろうね?


私が撮ってきた山のような桜Picsの中から2枚チョイス。



ハート形に見えるような気がする、そんな桜。




幹の上に直に咲く桜。苔の上に咲いている桜も素敵です。
濃いピンクの蕾にめっぽう弱い私。