春の足音。 
 
朝晩の冷え込みは激しいものの、日中は"あ、春かな?"と思えるような暖かさを
感じる事ができるようになりました。

シアトルの長い暗い冬が終わりかけているという事ですね。
まぁまだ青空を仰ぎ見る事はそうそう出来そうにもないけれど。


最近の"日中は春っぽい"天候の所為か、シアトルの桜は3分から5分咲きです。
そう。シアトルの桜の開花は関東よりも早いのです。
(今年は日本も早いらしいけど。)
緯度がほぼ北海道と同じという地理的条件を鑑みるに、この開花の速さは
やっぱし驚異的だと思っちゃいます。
シアトルの桜は寒冷地仕様なんだろーか。

シアトルで美しい桜を愛でる事が出来る場所と問われたら、まず思い浮かべるのは
University of Washingtonのキャンパス内の桜並木。
中庭に結構な数のソメイヨシノがあって、満開時は圧巻の眺め。


今日はちょうど美容院の予約があったので、桜はどんな具合で咲いてるか
確認する良いチャンスだし、と美容院の帰り道、UWに立ち寄ってみました。

3分咲きの桜の木ややほぼ満開の桜、入り乱れていたけれど、綺麗だったなぁ。
今日は氷雨のような冷たい雨が降る土曜日だったので、キャンパスを歩いている
人は殆どいなくて、写真を撮るにはまぁ悪くない日だったと思います。



雨が滴る花びらというのも、これはこれで美しいものですね。
桜のピンクって、やっぱし好き。

傘差してカメラ抱えて、必死に腕を伸ばして写真撮り続けてる私の姿、周りには
けったいな姿に映ったかもしれないけれども、まぁねぇ。笑
それで美しいその瞬間を切り取れたら、私は満足っすよ。
桜の場合は特にね。


UWのキャンパスではピンクの"もくれん"も咲いていました。




どんなに寒くても暗くても、確実に季節は巡っていることを体感するのって、
なかなか良いものですね。


桜が本格的に満開になったら、もう一度UWに行ってみようかな。
でもホントにすぐ散っちゃうからなぁ...。
タイミングが難しい。



おまけ: 髪、ここまで短くしたの久しぶりやわー。の図。


コーさん、はじめてバスに乗る。 
 
シアトルに行く用事があったので、コーをバスに乗せてみました。
ここしばらく、"バス乗りたいねぇ"と本人も言っていたので、念願叶ったりです。

なかなか来ないバスに"バス、早く来るかなぁ"と、少々間違った日本語で対応
するのは、日英ちゃんぽん(なおかつ、日英どちらも通常の3歳児よりは言葉や
表現が遅れていると思います)だからなのか?
でも、コーさんの表現のしかたって、間違え方がおもろいです。

間違って覚えられるのは困るから、いちいち修正してますけど。

あと最近、コーは英語を日本語の発音に置き換えて私と話す事が増えました。
"コー、ジェット・プレイン飛行機乗りたい"とか。
(ジェットも飛行機も一緒やん、と突っ込み入れたのは言うまでもありません。)

閑話休題。

やっと来たバスに乗ってダウン・タウン方面へ向かう事10分。
コーさんは初めて乗るバスに緊張の面持ち。↓

 

何気にたそがれているようにも見えますが、でも横顔、結構キンチョーしてる。笑
降りる間際にはめっちゃ笑顔でしたが。

短い乗車時間だったからか、"またバス来たねぇ"と通過するバスを見ながら
何度も"乗りたい"をアピールするコーさん。

また今度ね、となだめて用事を済ませてきました。

今度は週末にでも、家の近所のターミナルからダウン・タウンまでの長距離
(30分かそれくらいだけど。笑)バス・トリップでもしてみようかな。
今の職場でお仕事している限り、バスなどの公共機関はフリー・パスを
使えば乗り放題なので、お財布にも優しそうです。
因みにこのあたりでは、子供料金は6歳くらいまで発生しません。
なにがどーしたら。 
 
3日連続で雪が降ったり止んだりしてます。
何か大寒並みに寒いんだけど、どーしたもんですかね。
1月、2月と穏やかだった分、寒さが身に凍みる…。


今朝の話。
仕事が始まってすぐに左目のコンタクト・レンズがゴロゴロする感覚があり、
時々涙が出るわ、パソコンの画面も見づらいわ、"どーしたんかなぁ?"とレンズを
外してみてびっくり。

レンズの真ん中、ピッと亀裂はいってるやん。

なんなんでしょーね、これ?
てか、何がどーしたら、レンズの真ん中裂けるのか、全く見当つかん。
朝レンズを付けるときは、こんな亀裂はなかったし。


"まぁ午前中は大丈夫かなぁ"と、お昼休みに家までひとっ走りしようと考えた
のだけど、痛みがどんどん増してくるし涙がボロボロ出てくるし、パソコン
まともに見てらんない状態で仕事にならないので、30分の休暇取って家まで
帰って、レンズ交換してきました。

だって極端に両目の視力が違う乱視持ちなので、片目だけコンタクト入れて仕事
するなんて器用な事は到底不可能なのです。不便やわ…。


それでですね、レンズ交換で家の中にいたの正味1分以内です。
新しいレンズ取り出して、サッと入れ替えて、もう家を出て職場に帰る、
みたいな。
ピット・ストップ並みだZe。


痛くないレンズで仕事もスイスイ~、と言いたいところですが、いっそがしくて。
スイスイといける部分はやってるんだけど、如何せん片付けないといけない
案件(私の職場ではカレンダーと呼ばれます)が多すぎて、机には膨大な
書類が積まれてます。
残業できたら片付けられるんだけど、今は経費削減だしそれも叶わず…。

がんばって片付けよっと…。
雪が降って溶けた日のこと。 
 
先週の水曜日だったか、朝起きたら雪が降っていました。
今年の冬は12月のドカ雪以来殆ど雪がなかったから、"お。久しぶり。"という感覚。

職場に電話してみたら2時間遅れで開廷との事だったので、コーさんと朝ごはんを
ゆっくり食べ、のんびり目に朝を過ごしてみました。

コーを園に連れて行く頃にはもう雪が止んで晴れ間が見えたので、雪、すぐ溶ける
かなぁ、思っていたら、本当に仕事帰りには殆ど消えてしまってました。

やっぱり春の雪ってはかないものですね。
まぁ凍結とかされると余計困るから、溶けてくれてよいのだけど。






写真は職場に車を入れたときのものです。
ちょうど青空が覗いていて、その水色と葉っぱをすべて落とした木のこげ茶、
それから雪を冠った杉のコントラスト、雪の白さが美しくて、しばし時を忘れて
見入ってしまったのでした。