回顧主義。 
 

ここ2年くらいで日本の音楽に触れる機会がググッと増えました。
Youtubeというありがたいツールのおかげです。
懐かしい&新しい日本の音楽とかテレビ番組を視聴するのはYoutubeに頼りっぱなし、
と言っても過言ではありません。

日本の音楽をよく聴くようになった理由を問われると、原因はやっぱり詩にあります。
アメリカに住んでいて当然のようにここの音楽を聴いていると、心の深いところまで
入り込んでくる詩って、日本語詩と比べるとやっぱし少ない。
言い回しで”なるほどね”とにんまりする事はあったとしても、琴線に触れるという
レベルでは英語詩だと難しいわけです。
私の英語理解能力が浅いだけなんだろーけどね。


でも、日本語って表現法がすごく豊かでいて懐が深くて美しくて、日本語詩の
ついた歌を改めて聴き始めて心を動かされた事は何度もあります。



最近気に入っているのは244 ENDLI-xさんの音楽。
FunkでSoulでRockでTechnoな楽曲たち、ご自身で作詞作曲なさるそうですが、
すごいね、これは。
彼の頭の中にはどんな引き出しがついてるんだろう、どんな音楽聴いて育って
きたんだろ、なんて思わされます。
詩は一貫して”愛”がテーマで、すごく真剣に真摯に向かいあっていらっしゃる。

自分のそういう姿を見せられる人って強い人だよな、と最近私は思います。
だってさ、そういうのって自分の心の柔らかい部分で、そういうのはなるべく
人目の付かない場所に隠し持ってるじゃないですか。
”オトナ”としてあるべき姿みたいなもので何とか取り繕っているっていうかね。
それをちゃんと白昼にさらけ出すことができる人ってのは、真っ直ぐで強いな、と。
それがCHERIさん(つーか、ENDLIさんつーか、どうお呼びすればよいものやら…)の
詩世界を覗いて感じたことです。
あぁ~っ。 
 
せっかく手巻き寿司を食べたのに、ばっちり写真も撮ったのに、なのになのに。
カメラに入ってるファイル、全消去かけちゃったよ。涙

まぁ消しちまったものはどーしよーもないけどさ。
でもちっと凹んだ。


パソコン修理中に起こった事を少し思い出してみたんだけど、そういや、コーさんが
お風呂でツルっと滑ってコケて、まぶたを浴槽の角に思い切りぶつけたんです。
それまでもお風呂でコケる事は何度かあって、おでこぶつけてビェーンと泣いて、
その後通常復帰するのがいつものコーさんだったんだけど、この日はまぶたの上、
スパッと切れてしまいまして。

ビェーン、と泣いたのを抱っこしてみたら、流血(シャワーのお湯で余計にそう
見えるんだ)してたので、こりゃ大変だわと、お風呂を切り上げ、まぶたに人差し指を
ぎゅっと当ててとりあえず止血。

傷の深さはどんなもんかと見てみると、結構ワイルドに開いてらっしゃる。
血は止まってるからこのままでも治りそうだよなぁ、と思うけれども、でもこのまま
治癒したら大きい傷が残りそうだなぁ、とも思い、コーさんの父に電話して
”どーしようかねぇ?病院連れてった方がいいかね?”と相談してみる。
パソコンに続いてデジカメも壊れていたので、携帯で写メもしてみる。

コー父、”このままだと傷残りそうな感じだよね。でも救急行くほどでもないんじゃね?”
という回答。
私も”救急(Emergency)って感じじゃないよな”と思っていたので、”んじゃ、家の近所の
Urgent Care連れてくわ”と、家から一番近くのUrgent Care(ホントに車で2分)に
コーさん連れて行ってきました。

因みにEmergency Roomは日本で言う救急病院、Urgent Careは緊急外来というか、
日本だと夜間とか時間外の外来みたいな位置付けの病院です。
クリニックが通常開いている時間外に救急とまでは行かないけれども、でも
翌日まで待つのはちょっと心許ない時に行ける、市民の心強い味方であります。

Urgent Careで40分ほど待ち、やっと現れた医師はコーさんの傷を満遍なく
調査(もとい診察)した後、”これ、縫わないとかなり大きな傷が残るだろうね”と
にっこり言い放ちまして。

縫合ですか。
やっぱし。

それから医師がコーさんのまぶたに麻酔かけて(これが一番痛そうだった)
計5針、縫った訳なんですけどね、これ、見てる方が痛い。
私は自分が縫われた経験って一度しかないんだけど(術後の縫合ね)、
自分が施される時は麻酔で感覚が無くて直接見えない分、怖さが全然ないって
事がよぉぉぉく分かりました。はい。

コーさんは怖さからか私の両手をむぎゅっと掴み、目をぎゅっと閉じてました。
縫い合わせが終わったらすぐに、ステキな絆創膏貼ってもらってご満悦でしたが。
オマケに”がんばったねぇ”と看護師さんにお褒めの言葉とスパイダー・マンと
トーマスのシールまでもらっちゃって、Urgent Careを後にする頃には”コーエン
病院好きだなぁ”みたいな事言ってるし。ゲンキンなやつ。笑

5日後に抜糸して傷は結構きれいに治ってます。
顔(というかほっぺが)赤くなると、比例して傷も赤くなるのは皮膚の薄さの
所為なのかな?わかんないけど。
やれやれ。 
 
1月下旬に突然、家のラップトップくんが活動を停止しました。
本当に突然石のように冷たく、硬く、沈黙しちゃったのです。
その30分前まではちゃんと動いていたのに。

再起動を試みるも、Windowsが起動してくれません。
聞こえるのはハード・ドライブが起動しようとするカリカリ音と、時々熱を吐き出す
ファンの唸り音のみ。


”やだなー。買ってまだ5ヶ月じゃん?”
とは思うものの、起動しないパソコンなんてただのプラスチックの箱でしかない訳で、
翌日、ラップトップを持って家電屋さんへ行ってきました。


店内のGeek Squad(ギーク部隊)隊員によると、”んー、これ、ハードがダメだね。
Dellに送るから修理には2週間くらいかかるかな”。

2週間。長いな。
とは思うものの、他に打てる手はないんだから仕方ないですね。
ラップトップを預けてすごすごと家に帰ってきました。


ネットのない生活って健康的というか、ほんと、この2週間、すごーく沢山
睡眠を取ったような気がします。
本も沢山読み返して、”そーだった、これはこういう話だったよね”と。
こういうのもまぁ、短期間なら悪くないですね。


ネットがない期間、いろんなモノを写真に撮っておいて、後でブログで上げよう
かと思ってたのだけど、ヨーロッパから帰ってきた私のカメラ(元連れ合いの
出張に駆り出されていたのです)もまた、石のように冷たく死んでいました。


”どーしたんよ、カメラ?”と聞いても要領を得ないので(”バッテリー
無くなるまで使っただけ”とお決まりの回答)、これまたカメラの製造元である
Casioに連絡をしてみたら、”新しいバッテリー送りますね”と。

そのバッテリーが届いたのも、ラップトップが戻ってきたのと同じく、今日でした。


まったく、やれやれ、です。


でも。今回の一連の修理などにかかる時間が(アメリカにしては)珍しく有言実行
だったので、期待していなかった分、嬉しい誤算となりました。