Superstitious。 
 
どちらかと言うと、占いの類をあまり信じない人間です。
いや、違うな。
都合の悪い事は気にかけないようにしている、と言う方が正しい。
Superstitious(迷信的)じゃなくて、どちらかと言うとPractical(現実的)です。
面白みが無いと言えばそうかもしれない。

2週間ほど前に、夢を見ました。

まぁ厳密に言うと夢は毎晩見ているんだろうけど、夢の内容は覚えていない事の方が
圧倒的に多い。
例え覚えていたとしても、それを言葉に置き換えようとすると記憶が霧のようにスッと
消えてしまう事が殆どで、本当に何の為に夢を見ているんだか、と自分でも
呆れないでもないです。
覚えていられる夢はお馴染みの何パターンかの夢ってのが常なのです、大体のところ。


それで、2週間前の夢。

私は飛行機に乗って何処かに向かっていて(多分日本に帰ろうとしていた)。
気づいた時には飛行機に何らかのトラブルが起きて、何かにコツンとぶつかったと
思ったら、次の瞬間、私の乗った飛行機は急降下して水に"着水"していたのです。

墜落ではなく、着水。

落ちる瞬間にハッキリと恐怖を感じて、それで珍しく夢の内容を覚えていた私は、
何か引っかかる物を感じて"夢事典"をネットで検索してみました。

夢事典には"悪い事が起こる予兆か、予知夢"と。



だから、昨日NYで起こった飛行機着水事故のニュースを初めて耳にした時の衝撃は
かなりのものでした。
仕事中だったけれど、しばらく震えが止まらなくてどうしたものかと。


元来Superstitiosな性格ではないから、夢の内容についても深く気にせずにいた、
というか気にしないようにしていた("人生山あり谷あり"なもんだよね?)部分が
結構あったと思うんですね。
でも"不思議な事もあるもんだな"で済ませてよいことなのかどうか、今のところ
よく分からないでいます。

きっとそれで良いんだろうけど。



以上。本日の長い独り言でした。
こういう時に限って。 
 
久々にお料理の話です。


生クリームとハーフ&ハーフが結構あったので、金曜日にクリーム・パスタを作りました。
シーフードのクリーム・パスタなんだけど、今日はそれにベーコンもプラスした、
まったりクリーミーなパスタです。

例によって細かいレシピはないので、大まかな分量は以下の通りです。


材料(2人分。4人分は倍レシピでどうぞ。)
* フェタチーニ:1/3ポンド(150g程度)
* 生クリーム Or ハーフ&ハーフ:1/4クォート(250ml程度)
* エビ(今回は殻付きを使用):1/4ポンド(120g程度)
* ホタテ貝柱:1/4ポンド(120g程度)
* 鮭:1/4ポンド(120g程度)
* ベーコン:1~2枚
* 玉ねぎ:中1/2個
* マッシュルーム:4~5個
* ズッキーニ:小1個
* ブロッコリ:適宜
* あさつき:適宜
* 塩・コショウ:適宜
* 白ワイン Or 料理酒:適宜
* 出汁 Or お茶パック:1枚


作り方:
1.お鍋にたっぷりお湯を沸かします
2.お湯が沸く間、玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニをスライスします
あさつきは大きめの小口切りに
3.エビの殻をむいて、殻は出汁パック(お茶パックでも良いよ)に入れておきましょう
4.鮭も適当にカットして、エビとホタテと一緒にボールに入れ、白ワインか料理酒を
振りかけて臭み抜き
5.お湯が沸いたらお塩を入れ、フェタチーニを茹でます(気持ちアルデンテ)
茹で上がったらざるにあげておきます
6.フライパンにベーコンを入れ、カリカリになるまで炒めます
7.ベーコンがカリカリになったらペーパータオルに取り出し、パンに溜まった
オイルは小さじ1杯分を除いてペーパータオルで吸いとってしまいます
8.残りのオイルで玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニを炒め、塩コショウで
味を付けます
9.生クリームかハーフ&ハーフを入れ(今回、私は半々ずつ使用)、3で準備した
エビの殻入り出汁パックをここに投入します
10.クリームが沸騰してくる頃に4で臭み抜きをしていた魚介類のワイン(Or料理酒)を
捨て、ここに塩コショウをパッパと振っておきます
11.クリームが沸騰したら出汁パックを取り出し、魚介類を替わりに入れます
12.エビの表面の色が変わるくらいの段階で火を止め、茹で上がったパスタを
混ぜ合わせ、あさつきとカリカリのベーコンをさっと絡めて出来上がり


あの、出汁パックですけどね、これ、すっごい"使える"ブツです。
エビのお出汁がちゃんとソースに出るという利点以外に、ベーコンから出た
灰汁もちゃんと取ってくれるんだもの。賢いわ。
100均ばんざーい、な一品です。

パスタにはお好みでパルミジャーノやらクラッシュド・レッド・ペッパーやらを
振りかけてお召し上がりください。


ベーコンとシーフードの旨みがたーっぷり味わえる、濃ゆいけれども美味しい
パスタです。
カロリー高めなので、たまーにしか食指が動かんレシピではありますが、
我が家では夏よりも冬場に出番が高いです。
使いかけ生クリームの消費レシピでもあるので、その日によってクリーム
だったり牛乳だったりと、何でもあり感漂うテキトーなパスタ・ディッシュなので、
お好みでアレンジしてみてください。

今回、写真はありません。
というのも、私のデジカメがヨーロッパに旅行中でして。
(元連れ合いの出張に借り出されて行ったのです。)
こーいう時に限って、美味しいもの作れたりするんだよなぁ。
習うより慣れろ。 
 
お正月の3が日は珍しくお休み続きでした。
大概アメリカって元旦しかお休みにならないんだけど、今年は私の職場では
不況のあおりで今年は"無給休暇"が一年を通して10日(2週間分)あるので、
1月2日は今年初の無給休暇でした。

労組では無給休暇かリストラの選択をする投票が行われ、結果職員が全員
無給休暇を取る事でSeniority(セニョリティ。優先順位)の低い、つまりは勤続年数の
少ない30人だか40人だかの職員のリストラを回避したのです。
"横並び"の組合らしいとっても民主的なやり方と言われればそうだよね。


1月2日金曜日は久しぶりにお天気が良くて、それまでの雪でドロドロになっていた
車を洗車してきました。
洗車場は長い行列ができていたけど、久しぶりにキレイなウサギさんと対面
出来て嬉しかったです。ついでに中もキレイに掃除して…。

って洗車した2日後にまた雪が降りました。4日の事です。
ありえん。なんやのん、この天気?
しかも1、2時間で結構積もりましてね、この雪が。
裏道なんかやっと雪が溶けたばかりなのに、またつるんつるん状態です。
車も"タイヤ滑っとるで~"とピーピー警告音鳴らしてくれるんだけど、
"えぇい、聞こえとるわ!"と何故か半ギレする私。

でもね。
不思議な事にね、前より雪道運転するの怖くないんです。
多分前の雪でちょっと慣れたからなんですね。

"習うより慣れろ"。

車の運転にしろスポーツにせよ料理にせよ、何でも自分の手足の感覚で
覚えた方が身に付きやすい性分のようです。
仕事も然り。
本や取説やマニュアルを読んでも概念しか掴めなくて、結局自分で経験しない
事には物事の本質が"体と頭一体で"理解できない。
ってただ単に"だらんねーか"、って感じでもありませんが。ははは。


今回の雪は明日の雨で溶けるという予報が出ています。
予報通りになってくれないと仕事にもコーの幼稚園も行けないから、止んでくれー、
なんて半ば祈るような気持ちです。

でも雪が降った夜ってさ、白が夜目に眩しくてキレイだよね。
あの薄明かりと静けさが私は好きです。


あ。でもまた雪が溶けたら洗車しなおしか…。ぶつぶつぶつ。
新春。 
 
新年明けましておめでとうございます。
いやー。明けましたね。2009年ですよっ、皆さま。
(何でこんなにテンション高いねん、自分?笑)

2008年の年末はですね、夜11時半くらいまでコーに邪魔されつつ昼寝(ってか夜寝?)し、
深夜12時にはスペース・ニードルから上がる花火をテレビで見ながら新年を迎えました。
花火を見て"明けましておめでとー"とご挨拶してから家に帰ってきたのだけど、
帰り道の高速、"君ら、酔ってるでしょ?"と明らかに挙動不審な運転者が多くて、
ちょっとヒヤヒヤいたしました。

今年はお正月にお節、なーんにも作っていません。
鏡餅もないし。
お正月の朝一の食事、オートミールでした。いーんかね、こんなんで。

写真は私の耳元で"明けましておめでとう"と囁く、コーさんです。


着ているのは足の先まですっぽりのフリースパジャマなのだけど、この赤い足、
何度見ても"ドキンちゃん"の足を彷彿とさせるのよね…。なんでやろ。
 Side View。 Front View。



2009年もコー共々、よろしくお願いいたします。