むしゃ。くしゃ。 
 
もーすぐ感謝祭ですね。
今日改めて気づいてみたら、クリスマスまで1ヶ月でした。
いやーん。2008年もあっという間でしたね。(まだ終わっとらんけど。)


今日は何かイライラしている人に沢山出会ってしまい、私まで"むしゃくしゃ"
しております。なーんでかなー。影響されやすいんかなー。
ま、でも、そういう日もありますよね。

私の職場にいらっしゃる方々は"It's not my fault"って態度の人が本当に多いのです。
"あたいのせいじゃないわよ"っつー感じでさ。

投げやりだったり、もともと機嫌悪かったり、人の話を全然聞かなかったり。
もっとも、上に挙げた条件を全部満たしている人(All of the above)も沢山いる訳でして。
手を焼きます。


てかさー、速度違反したり、車両保険のコピー持ち歩かなかったり、交通違反の
罰金払わないで免停くらったり、飲酒運転で捕まるのって、私の所為じゃなくない?

それはアナタ(被告)の取った選択じゃん?

ましてや、私は警官でもなく、原告でもなく、裁判官でもない、言わばそれらの中間に
位置する"事務員"。
違反者を検挙する事も、それに対する判定を下す事もない私たちは、
中間管理職的、もしくは、クレーム処理班的な立場に近いところにいる訳です。

しかし声を大にして言いたい。
"イライラは他のところで吐き出しなさいー!"。
Don't take it out on me。
ワタクシはサンド・バッグではございません。


でも。事はそう簡単には運ばないから、とりあえず持っている知識を総動員して、
出来るだけ迅速に、かつ簡潔に、裁判のシステムをご説明します。
付け加えるなら、結構懇切丁寧にやっております。
自慢するわけではないけれど、"政府の仕事でこんなに親身になってもらえた事、
今までないわ"と感謝されたり、涙を流された事も何度かあります。
ついでに、"あんた、態度悪い"と悪態付かれたこともありますが。えへ。
そんなに態度悪かったかなー、と自分で振り返ってみたのだけど、うーん。
どーだったかなぁ。態度ってよりも、理解の不一致が主たる原因だったかと思われます。
言い訳?かもね。

それでも私の話す内容を理解しようと努めない人は司法システムに延々と不平を
漏らすけど、ハッキリ言いまして、投票権も何もない私から見れば"不満言うくらいなら、
何とかシステムを変えようとする努力くらいしなさい。少なくとも、アナタの一票は
カウントされるんだから"と思います。
自分は何もしないけど文句だけは一人前って人は、どの世の中にもいるもんでは
あるけど、とりあえず。


もう一個の"むしゃくしゃ"(まだあるんか)は、自分の仕事を被告にさせようとする弁護士。
被告代理人だったら、ちゃんと仕事しろよ、と思ってしまう。
通常、弁護士が裁判所に提出すべき書類や調べものを被告にさせている
のを見ると、他人事ながら"他の弁護士に乗り換えたら?"と一言進言したくなる。
"ソレ、Legal Assistant(司法書士)の仕事だよ。"って。


まぁいーや。
不満ばっかし言ってないで、気持ち切り替えて、明日一日も頑張ってきまっす。
明日仕事したら、感謝祭で月曜までお休みだ♪

アメリカの皆さま、ステキなThanksgivingをお迎えくださいね。
日本の皆さま、だいぶ寒くなってきたみたいなので、風邪など引かないよう
お気をつけください。
それ以外の世界のどこかにいる、そこのアナタ。元気にしてますか?
Keep in touch。
クッキー・パーティー。 
 
先週の火曜日はベテランズ・デー(退役軍人の日)という祝日だったので、
友人と子供たちと一緒にクッキーを作りました。
雨降りでクッキー・パーティーには最適の日であります。

まずは今パーティーの参加者各位↓

 いつもの面々。


キッチン・カウンターの作業台に前日仕込んでおいたシュガー・クッキー生地を
伸ばし、3人の参加者たちが各自、好きなクッキー型を抜いていきます。

実はこれ、コーの通う幼稚園で先週行われたアクティビティーの真似です。
先週の幼稚園のテーマは"動物たち"で、動物のクッキー型を使って皆で
型抜きをしたんだそう。
子供ってこの手のお遊び、大好きですよね。
コーも多分にもれず型抜きに夢中になっていたみたいで(工作好きなコーさん)、
"次のお休みにはこのアイディア、もちゃっちゃおー"と、母の計画が始まったのでした。

コーさんは型抜きしたクッキー生地を、"こーやって、こーやって"とぶつぶつと
つぶやきながら(多分私が何かの手順を説明する時に"こうやってね、次は
こうやって"と言うからだと思われる。刷り込みっておそろすぃ~。)、
天板に並べてゆきます。

  こーやって。こーやって。


クッキー生地が殆どなくなる頃、コーさんは打ち粉に非常なる興味を示したらしく。
 打ち粉に分け入るK容疑者。


だーかーら、そういうの触らんといて…! 母の叫びであります。

"止めてって何度も言ってるのに言う事聞けない子は…"と"タイムアウト"という
印籠を口にするまで、K容疑者は小麦粉とたわむれ続けておりました…。

でも子供たち、すごく楽しそうだったし、良しとします。
クッキー・パーティー、これからの季節シアトルでは重宝しそうです。
Welcome to the World. 
 

コーにいとこが一人増えました。
名前はリリアナちゃん。
約2週間前、予定日を4日早く生まれました。

赤ちゃんが生まれた日、私たちもリリアナちゃんに会いに行ってきました。
リリアナちゃんのお母さんは初産だけどとっても安産だったようで、破水から
出産までにかかった時間は推定1時間。はやいっ。羨ましいっ。

病院に着いてから入院の手続きをする間、彼女はずっと車椅子に座って足を
組んでいたそうです。
"そうしないとスルっと落ちてきちゃいそうな感覚だったんだよね"と彼女談。
すっごい。

自分の陣痛の時はなかなか破水しない上にお産が遅々として進まない思い出
しかないから、それと比べると雲泥の差ですな。

リリアナちゃんはとっても小さくて柔らかくて、温かくて可愛い。
抱っこしてみると、いつも"By meself!"(コー語でBy myselfの意)で有名なコーさんが
"だっこ、だっこ"とせがむありませんか。

あーら、コーちんったら、焼きもちやいてんだ、甘えんぼ、とちょっとからかったら、
自分でも分かっていた事らしく、にんまり笑っておりました。
ハロウィン。(遅いって。) 
 
すんません。めっちゃ遅れました。

ハロウィンの記事は直後に書いたんすよ。
それがね、Upする直前にぜーんぶ消えちゃったの。Proof Readする前に。
もーショックでしたねぇ。
それで放置していたの。←やけっぱち。てか、八つ当たり。


それで、ハロウィンなんですけど。
今年もお友達の家でパーティでした。
もう毎年恒例のイベントです。

お友達の家には早めに行って、デコレーション用のクモの巣を付けたり、
アペタイザーを作ったり、ワイン片手に存分に楽しみました。

朝は大降りだった雨も夕方には上がり、Trick or Treatingには最適の夕べになったかな。

今年のコーさんは怪獣(もといドラゴン)に仮装。
ス○バの紙袋を携えて近所にTrick or Treatingに出かけます。
本当はかぼちゃの形をしたプラスチックのバケツを持って行く筈だったんだけど、
当日忘れちゃったのです。お恥ずかしぃ。


  ←キャンディー狩りに出動するコー怪獣。


去年と比べると回った家が少ないからか、収穫もより少なくて、母は嬉しい。
だってさー、集めたキャンディー類って隠すの結構大変なんだもの。
隠さないとSugar Highになるのは目に見えております。
というか、Sugar Highの3歳児は扱うのが非常に難しいので(いつも以上に
ワガママになるからね)、キャンディーを隠すのは親としての自衛手段でも
あります。(大げさやなー。)

コー怪獣はTrick or Treatingの途中で怪獣の帽子部分が暑かったみたいで、
"あっかたい、あっかたい"と帽子を脱いで大騒ぎしておりました。
コー名言集に載せる言葉がひとつ増えた。

Trick or Treatingから戻ってきてから子供たちが興じたのは"Apple Bobbing"という、
クラシックなゲーム。
水を張った"たらい"にリンゴを浮かべ、それを口で捕獲するゲームです。
コーは残念ながら身長が足りなくて参加できなかったけれど、お兄ちゃん、
お姉ちゃんたちが挑戦するのを興味深そうに見ていました。

こーんな風に。↓



この後、Mummy Gameという、トイレットペーパーを使ったゲームに子供たちは
参加したのだけど、ゲーム後、大人たちがガレージから引き上げてしまってから、
Sugar highな子供たちはガレージにトイレットペーパーを撒き散らしてしまい、
パーティー後のガレージは目も当てられない状態でした。
まさに"Vandalism"。暴動。
写真でお見せできないのが残念であります。


PS: コーが遊んでいる間にキャンディーを隠すのには成功しました。
翌週の月曜日に職場に持って行ったら一日ではけた。やったっ。
でも。コーさんが私と一緒にお友達の家に行く度、"今日はハロウィンするの?"
と訊かれる。"ハロウィンは年に一度だよ"と言い聞かせてるんだけどね…。