Early Christmas Present。 
 
夫の職場では毎年12月、年末ミーティングがある。
一日がかりのこのミーティングはオフィスと工場に勤める
従業員が一堂に会する数少ない機会なのだが、ここでは
各部署のマネジャーたちが一年の成果を振り返ったり
来年への課題を提示したり、頑張った社員を表彰したりする。

このミーティングには必ず"ゲーム"が付随していて、
普段は別の部署で働いて一緒に仕事をする機会が少ない
社員たちがいくつかのグループに分かれて、
オリエンテーションのようなゲームをするのだ。
このゲームを企画するのはマーケティングを担当している別会社で、
毎年"よくここまで考えたものだわ"と思わずにんまりしてしまうような
ゲームを造ってくる。
オリエンテーション一つにしてもカークランド市内を駆けずり
回るように企画されていて、チェックポイントでも何かの関門を
クリアしないと次のポイントへ向かえないようにしてある。

一昨年はチェックポイントの一つが市内にある水着専門店で、
従業員の一人(オッサン)がビキニを着て写真を撮る羽目になり、
翌日のクリスマスパーティでその写真を見て皆で大笑いした。
本人も面白いオッサンなので一緒に笑っていたが、
奥さんは複雑そうだったな…。

今年のゲームは主旨を変えて"ボランティア・チャリティ"がテーマだった。
マーケティング会社はカークランド市内に住む様々な苦難を抱える
家族を3家族探し出してきて、それぞれに"出来ることをしてあげよう"
といくつかのグループを作って取り組む事にした。

夫のチームが担当したのはお母さんが白血病で余命2ヶ月という4人家族。
今年が家族全員で過ごす最後のクリスマスだ。
チームがこの家族にしてあげられる事を協議した結果
色んなアイディアがでてきたのだけど、その内の一つは"家族写真を撮る"こと。
夫は"写真家を急遽探して欲しい"と私に電話してきたのだけど、
急にそんなこと言われても、と面食らってしまった。
口早に"今年のゲーム"の説明をする夫、あぁそれなら、
と納得した私は写真家を探す事に。

Craigslistに掲載している写真家や写真館に連絡を取るも、
なかなか電話に出てくれない。
このシーズンは家族写真で忙しいところが多いのだろう。
焦りながらも何とか地元の写真家に連絡が付いたのだが、
彼女に状況を説明すると心から同情して写真を撮ってくれる事
を約束してくれた。(寄付という形で。)
奇遇だが彼女はつい2週間前、余命いくばかもない男性の写真を
撮ったところなのだそうだ。
私も数ある掲載文の中から吸い寄せられるように彼女の
ウェブサイトを開いていたので、何処かで色んな何かが
"繋がっている"というのは本当なのかもしれない。

その後写真館とも連絡が取れ、家族写真を撮ってくれる事を快諾してもらう。
撮った家族写真を飾る額縁を寄付してくれるフレーム屋もすんなり見つかった。

夫のチームはその後も"こんなアイディアがあるんだけど、
調べてみてくれる?"と2時ごろまで電話をかけてきて、
その度にいろんな人に電話をすることに。
最後の方には状況説明もスラスラ話せる上に世間話もちゃんと
できるくらいの余裕が生まれて、それが物事をスムーズに運ぶ
潤滑油になったようにも思う。

3時半までに夫チームが"Accomplish(可能に)した事":
? 家族写真(写真館&写真家の二箇所。額付き)
? くるみ割り人形のチケット入手 (家族4人分)
? クリスマスの飾りつけ(家中)
? バスルーム、寝室のペンキ塗り替え
? 配管の整備
? 電球取替えなどの家周りの整備
? 夕食の配達(ステーキハウスからお届け)

なかなか頑張ったではないか、と私も思う。
夫チームも"ありがとう!"と言ってくれて、私もホリデーシーズンに
相応しい優しい、温かい気持ちになった。

ゲーム後再びオフィスに集結した従業員たちはチームごとに
自分たちのAccomplishをプレゼンテーションしたのだが、
涙なしでは終わらなかったそうだ。
難病、大黒柱を失った家族の苦難、ホームレスシェルターの状況などを
聞くにしたがって、自分たちが置かれている状況がいかに
Thankfulなのか、再確認したよう。

夫チームはこの"ゲーム"でよく頑張ったと、賞品を貰って帰ってきた。
それを夫は、"頑張ってくれたから"と私にくれた。
包みを開いてみてビックリ、出てきたのは
iPod nano (PRODUCT) RED だった。


夫はすでに持っているし(今年の誕生日にiPodをあげた)、
私のリサーチと電話がなかったらこんな賞品は貰えなかったから、と。
このiPodは売上の$10をグローバル・ファンドのに寄付されるそうで、
最後まで"チャリティ"精神を失わない今年のミーティングだった。

さて、今日はクリスマスパーティ。何着て行こうかな…。